« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »

いよいよ…

早いもので

大晦日
来年も皆様にとって平和で幸多き1年でありますように

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年賀状今昔物語

株式会社パワー・インタラクティブが行った

「年賀状に対する意識」に関するアンケート
が発表された
(http://www.powerweb.co.jp/cafe/labo/labo_vol04.pdf)

これによると

届いた年賀状を楽しみにしているという回答が約8割
もいるにも拘らず
プライベートで出す年賀状は約4.5割の人が減った
と回答している

つまり

出す枚数は減ってきているけど
もらうのは楽しみにしている
といった感じか…(なんてワガママな!!)

私は開業したこともあり
逆に年々年賀状を出す枚数が増えてきている

今年(…というより来年の正月分)は

プライベートは100枚強
ビジネス関係は250枚弱
の年賀状を出状した

昨年までは文面は1種類のものに統一して印刷していたけど
今年からは宛先の属性等により6種類の年賀状を作成した

これも年賀状作成ソフト(私の場合 「筆まめ」 )とカラーレーザープリンターという
強い味方ができたからだ

数年前までは 「プリントごっこ」 で文面を印刷していたけど
これだと複数種類の文面を作るとなると
手間もコストもかかっていたので
実質上、選択肢がなかった…

文明の利器さまさまである

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一陽来復

プロジェクトF、日帰りで東京出張だった

朝、少し時間があったので、早稲田の穴八幡宮に

一陽来復
の御札( 「おさつ」 ではなく 「おふだ」 )とお守りを買いに行った
この御札は、冬至・大晦日・節分のいずれかの夜中の12時に
その年の恵方(今年は申酉、つまり西南西の方角)に向けて祀ると
金銀融通
の御利益(ごりやく)があるというもの


苦しいときの神頼み

溺れる者はワラをも掴む

とは言うけれど、
無宗教の私が思うに 「日頃からの心がけ」 つまりは
常に 「いかに経営をすればいいか」 を考えながら行動し、モノを見るか
ということが大事ということだろうか…
(ただ、いまは 「苦しく」 も 「溺れて」 もいないのでご心配なく!)

…で
プロジェクトFの第1号につながりそうな商談が出来た!!
(まだ 「祀っていない」 けど、早くも一陽来復の御利益か!?)

今後も広がりがでて軌道に乗ってくることを切に祈念する次第です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どうせなら…

厚労省の諮問機関である労働政策審議会で

通勤災害の適用範囲拡大
が建議された
http://www.mhlw.go.jp/houdou/2004/12/h1221-1.html

これを受けて次期通常国会への法案提出に向け法案要綱を作成し
同審議会に再度諮問するらしい

内容としては

1)複数事業所間の移動
2)単身赴任者の赴任先住居・帰省先住居間の移動

における災害を、通勤災害として取り扱うべきだ

というものである

確かに、吹きすさぶ 「リストラの嵐」 により個人の所得は減少し
副業にいそしむ従業員も増えているだろうし、
また一方では、人員の減少による人繰りのために
会社の都合による単身赴任者が増えているのであろう…

これも時代の流れというものか…


…ところで
皆さんはご存知だろうか?

出勤時に

玄関先で転んでも通勤災害にはならないが

門塀の先で転んだら通勤災害になることを!

どうせ転ぶのなら門を出てからにしましょう!?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

年の瀬

もうあと10日で年明け!

…でも
なぁ~んか 「年の瀬」 という感じがしない

小学生の頃は

も~う
い~くつ寝るとぉ~
おしょうがつぅ~
なんて、すこしワクワクしていたような気がするが
それが全くなくなった…

それなりに

歳をくってきた
ということもあるかもしれないが
この暖冬も影響があるのかもしれない
(地域によっては既に梅が咲き始めるぐらい季節感がなくなってきてますから)

…でもやっぱり歳のせいかなぁ
日々感動することが少なくなってきた今日この頃でした…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ランチェスターの法則

書店の倒産が増加しているらしい
(http://www.tsr-net.co.jp/topics/kaiseki/2004/1102.html)

サラリーマン時代は
ほとんど読書するというような習慣はなかったのに
開業を視野に入れるようになってから
本を購入することが増えた
(買うだけ買って、山積みだけど…)

最近では

セブンアンドワイ
などのネット書店で購入することが多いが、
ブラブラとジュンク堂とかをぶらついて
衝動買い
することも、たまにある

そういうときって
やっぱり大きい書店に行くことが多く
町の小さな 「本屋さん」 に行くことってほとんどない

当然のことながら
商品の品揃えも充実しているから
「そうそう、こういう本が欲しかったんだよねぇ~」
って本がそろっているし
そのうえ最近の大型書店では 「喫茶室」 まであるし…

これからの町の小さな本屋さんは、いわゆる

ランチェスターの法則
に従い
大型書店にはない特色を出していかないと
生き残れないのでは!

竹田陽一氏の
「小さな会社★儲けのルール ランチェスター経営7つの成功戦略 」
をしっかり読んで
今後の経営戦略を練って下さい!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

労働組合の存在意義

労働組合の組織率が年々低下しており
平成15年に引続き、今年も20%を割り込んだ
(http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/roushi/kiso/04/index.html)

原因として
1)企業の倒産増加に伴う組合の解散増加
2)パート労働者等非組合員の比率上昇
などがある

…ところで、今の労働組合で
まともに機能しているような組合ってどれぐらいあるのだろうか?

私が以前リーマンしていたときにも
労働組合はあったけれども、はっきり言って

ただの御用組合
でしかなく、
会社の言いなりにしかなっていなかった!

本来、従業員の地位向上や労働条件の改善のために
会社と戦うべき立場でなければならないのに、組合専従者はいわゆる

出世コースの一つ
であったために
今後の出世を考えて強硬なことなど一言も言えない様な状態だ!

こんな 「イエスマン」 ばかりで、従業員を守ることを放棄していて
存在意義のない組合なんて
なくなっても何の支障もないように思うがいかに!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

そして東京へ…

プロジェクトFの一環で12/24(金)に東京へ行くことに!

世間ではクリスマス・イブに浮かれて
あんなことやこんなことや×××××(失礼…)

…いやいやそんなことより
仕事をしっかり完遂しよう!!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ネットの怖さ

いま、ブログ界で

木村剛 vs 山本一郎

がすごいことになっているようだ
http://kimuratakeshi.cocolog-nifty.com/blog/2004/12/post_28.html#more

ネットの普及は便利な面もあるが
ほんの些細な見解の相違が
訴訟にまで発展するなんて…

君子危うきに近寄らず、触らぬ神に祟りなし
クワバラ くわばら…
(…なのでトラックバックは やめときました…)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バタバタ

週に2回以上アップを心掛けます
なんて言いながら 10日間もアップしていない…

その間に

福岡出張

病院通院

歯医者通院


とバタバタ…(以下、言い訳のため省略)

…と言いながらも
プラティを10匹買ってきた
赤い奴

オスメス混ぜてください
と言ったら、普通はほぼ半々ぐらいにするだろうに

帰ってから確認したら

オス8匹にメス2匹…

しかも、その貴重なメスのうちの1匹が
次の日には死んでいてヤマトヌマエビの餌になってるし…

年が明けたらカージナルテトラを入れよう
と思う今日この頃でした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年齢指針

現在、厚生労働省は

年齢にかかわりない募集・採用を!
ということで
平成17年度には年齢不問求人の割合を30%に
という目標を掲げている

これは

年齢指針
http://www.mhlw.go.jp/topics/2001/0110/tp1001-2.html
に基づいてのもので、
労働者の募集、採用にあたっては
労働者の年齢を理由として
募集・採用の対象から排除しないようにしよう
というものである

公共職業安定所、いわゆるハローワークに求人を出す場合
原則として求人者の年齢を 「不問」 としなければならず
年齢の上限を設けるときには、それなりの理由が必要になる

制度の趣旨は分かる!
中高年齢者の再就職が困難な状況なので、
出来れば制限を設けて欲しくないということは!

…だけど、待て待てぇ~~~!!!!
公務員はどうなんだ!!
公務員試験には年齢どころか、しっかりと 「生年月日」 の制限まであるではないか!!
民間の場合、年齢の上限を設けていたとしても
その 「人材」 が優秀であれば上限を超えて採用する 「ことも」 あるが (ごく稀に…)
公務員の場合は、そもそも試験の受付さえもしてもらえないではないか!

改めて言う!

隗より始めよ!
だ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

縁遠い○ーナス…

助成金というのは申請してから受給に至るまで数ヶ月かかる
労務サポートサービスで主に受託している

継続雇用定着促進助成金
についても
現在のところ決定まで概ね3~4か月かかっている

…ということで
現在、私がしているのは
 「今年のための仕事」
ではなく
 「来年のための仕事」
になる

例年のことではあるが
5~8月にかけての申請事業所数が極端に少なく、
10~11月が極端に多いのでバランスが悪い

5~8月にかけて少ないということは、年末に向けて世間で支給されているような

ボーナス
的なものとは「縁遠い」懐具合となる…

来年は夏バテしないように、夏も頑張ろう!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »