« 確定申告 | トップページ | 地域創業助成金 »

ぜひぜひ!

日本経団連は毎年この時期に
前年度の福利厚生費調査結果を発表していて
先ごろ、

2003年度(第48回)福利厚生費調査結果
が公表された

これによると、 「従業員1人1か月当たり福利厚生費」 が
ついに10万円の大台を突破してしまったということだ!

原因としては
雇用保険料・健康保険料・厚生年金保険料等の料率変更に伴う

法定福利費の増加
が一番に挙げられる

一方で、法定外福利厚生費は、ここ数年ほぼ横ばいが続いている

こうしたなか、顕著な増加を示している数値が

福利厚生費代行 (前年度比40.9%増)
である

これは、一定の会費を負担することによって
宿泊施設、グルメ、レジャー、スクール、ライフケア、スポーツ施設等
ありとあらゆる福利厚生施設等を会員価格で利用できるという

福利厚生制度アウトソーシングサービス
で、増加の原因として考えられるのは
法定外福利厚生費削減の切り札として
近年、大手企業を含めて
業種を問わず導入する企業が増加しているからだろう

中小零細企業においては、制度導入により

低コストで上場企業並み
の福利厚生制度を導入することができ
有能な人材を確保する為の呼び水
としても機能している

労務サポートサービスでも

業界最大手 「株式会社ベネフィット・ワン」
の販売代理店をしているが
検索サイトで 「ベネフィット・ワン」 又は 「ベネフィット・ステーション」 を検索すると
企業の求人情報にヒットすることも少なくない!
例えば ここ とか ここ とか ここ とか ここ 等々

ここまで読み進められ、福利厚生制度アウトソーシングサービスに
ご興味をもたれた方、資料だけでも見てみたいという方は
ぜひ労務サポートサービスまでお問い合わせ下さい
(以上、宣伝でした (^_^;  )

|

« 確定申告 | トップページ | 地域創業助成金 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44050/2799033

この記事へのトラックバック一覧です: ぜひぜひ!:

« 確定申告 | トップページ | 地域創業助成金 »