« 地域創業助成金 | トップページ | 「ら」 と 「る」 »

賃金設計

2/8~9にかけて、社会保険労務士会主催の

人事労務管理研修
を受けてきた

2日間にかけてやったことは職能給の賃金設計!

いまどき職能給なんて…
などと思いながらも1万円も受講料を払っていたので2日間とも出席した(^_^;

これまでもいろいろと賃金設計に関する講座やセミナーに出席したけど
結局のところ、賃金設計は

従業員がいかにその賃金に納得して仕事が出来るか
ということが大事なのであって
変にテクニックに走ったり、崇高な理想を持って設計しても
絵に描いた餅
でしかないのだ!!

最近では成果給や業績給、役割給など
様々な切り口での賃金設計が 「流行り」 で

職能給は日本型賃金の悪しき制度だ
といったような風潮もあるが
決して職能給も悪い制度とは限らないのだ

従業員の年齢構成が若かったり、綺麗なピラミッド型のときには
逆に職能給の方がいい場合もある

要は、その会社にとって
従業員に何を求めていて、どうなって欲しいのか?
その上でどのように処遇しようとしているのか?
会社の経営理念はいったい何なのか? ということを
まずは経営者が考えて従業員に提示しなければならないのだ

…にも拘らず

賃金制度を変えれば業績が良くなる
というのは
私に言わせれば、タダのマヤカシで、経営者の経営放棄にしか見えず
本末転倒も甚だしい限りだ!

会社の現状と方向性を従業員に指し示し
充分に納得の上で労使が手を取り合って業務に励むべきだと思うがいかに!


|

« 地域創業助成金 | トップページ | 「ら」 と 「る」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44050/2867945

この記事へのトラックバック一覧です: 賃金設計:

» 成果主義をあらためて考える(24)-制度の柱(2)-職能資格制度(1) [HRM-Consul人事コミュニティ~成果主義、就業規則を考える]
人事・賃金制度を新しくつくろうとするときや、改定をしようとするとき、まず考えるべ [続きを読む]

受信: 2005.05.20 09:12

» 成果主義をあらためて考える(24)-制度の柱(2)-職能資格制度(1) [HRM-Consul人事コミュニティ~成果主義、就業規則を考える]
人事・賃金制度を新しくつくろうとするときや、改定をしようとするとき、まず考えるべ [続きを読む]

受信: 2005.05.23 09:44

« 地域創業助成金 | トップページ | 「ら」 と 「る」 »