« 教習 第一日目 | トップページ | 箱入り娘 »

健康保険保険料

健康保険は

組合健康保険 (組合健保)

政府管掌健康保険 (政管健保)

国民健康保険 (国保)

の3種類に大別される






組合健保とは

企業または企業グループが健康保険組合を設立し運営するもので

いわゆる大企業のほとんどがこれに属している




政管健保とは

健保組合を持たない健康保険適用事業所が加入する健保で

中小・零細企業のほとんどが政管健保に加入することになっている


運営をつかさどる保険者は政府である




一方、個人事業主や世帯主が無職の場合は

国保に加入することになり

保険者は住所地管轄の市町村である

(巷間、これを都道府県にして効率化を図るとも言われている)






私たちのような 「士業」 は個人事業主なので

国民健康保険 被保険者






先日、国保の保険料の決定通知が送付されたが

中を見て愕然とした!!!




平成16年度までは月々7,370円だったのが

平成17年度から月々56,507円に跳ね上がっていたのだ




実に7.6倍だ!!!






国保の保険者は先述の通り各市町村であるため

保険料も各市町村によって算出方法が異なっていて

世帯ごとに決定される




基本的には

平等割 (世帯ごとに負担)

均等割 (世帯の人数により負担)

所得割 (前年度の所得に基づき負担)

資産割 (固定資産の保有額に基づき負担)

の全部又は一部の組み合わせとなっていて、

各市町村の財政状態により決定されている


また、保険料の上限額も各市町村により異なっている






私が住んでいる大阪市は、平等割、均等割、所得割で

保険料の上限額が年間53万円なのだが

私の場合、前年度の所得が人並みになったので

優遇措置がなくなり、上限額の保険料に跳ね上がったのだ!

(決して 「すごい所得」 になったわけではない



また、世帯ごとに決定されるということは

私のような単身者には大変不利な制度となっている


なぜならば、世帯にあと何人も被扶養者がいて、均等割が増えても

上限額は変わらないのだから!






いきなり7.6倍の保険料にするなんて言語道断だ!




せめて前年保険料の2倍ぐらいまでの激変緩和措置を採るとか

もう少し市民に優しい制度であって欲しいものだ!!!!









「…だったら、早く結婚しろよ!」

といった声がchoki_yaさんあたりから聞こえてきそうですが、

聞こえない振りさせていただきます (^_^)






|

« 教習 第一日目 | トップページ | 箱入り娘 »

コメント

どひゃ~(>_<)
56,507円ですかあ!?  高~あい!!

でも、それなりに所得があるわけだから・・・ね。(^u^)

投稿: ソルト | 2005.07.18 19:17

ぶっちゃけ、昨年の所得は270万円だったので
健康保険料だけで年間53万円も持って行かれたら
「そりゃもう大騒ぎさ!」 ってな感じです (; ;)

今度の8月には事業税の案内も来る予定だし…

3年後にはこれに年額8万円の介護保険料まで
乗っかってくるかと思うと
今から憂鬱な気分になってしまいます… _| ̄|○

社会保険料を 「所得控除」 ではなく
「税額控除」 にして欲しいと思う今日この頃です…

投稿: lishi。 | 2005.07.18 19:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44050/5016298

この記事へのトラックバック一覧です: 健康保険保険料:

« 教習 第一日目 | トップページ | 箱入り娘 »