« Park Wars Episode Ⅰ | トップページ | プロジェクトF その3 »

良識のない弁護士

現在、福岡のとある事業主から相談を受けている




相談の内容は

従業員からサービス残業の未払賃金の請求

を受けたというもの






まずは現状把握をするために

賃金台帳

タイムカード

就業規則

を取り寄せて分析したところ、確かに未払いがある模様…




こちらが計算した結果を従業員に対して提示していたところ

先日、福岡県の○地弁護士(以下、S弁護士という)を通じて

従業員側からの請求金額が提示された




こちら側の提示額と従業員側の提示額と

差額が100万円以上あった!!!






ところがだ!!!

その計算根拠がメチャクチャなうえ

有給休暇を取得していた日まで時間外労働したことになっている!






労働法の専門家ならばいざ知らず、

そもそもの労働基準法の基礎の基礎からして間違っているような

通知書を送ってくるなんて、非常識にもほどがある <`ヘ´>






法的な対応が取れないのであれば

労働法の専門の弁護士を紹介するとか、別の方法があるだろうに

弁護士としての良識を疑います、S弁護士!!!






破産処理専門のS弁護士は引っ込んでろ!!!

と声を大にして言わせていただきます






カネさえもらえれば何でも引き受けます

っていうような弁護士は信用できませんです、ハイ!






|

« Park Wars Episode Ⅰ | トップページ | プロジェクトF その3 »

コメント

こんにちは。ミクシイから飛んできました。
ホント、良識を疑う弁護士が多すぎますね。
破産専門の弁護士も増えていますし、
それも簡単に破産させますでしょ。
先日も、借り主が逃げて連保人になっていた人が
弁護士に相談して破産させられました。(2〜3百万ですよ)
私の知人が事業再建を中心にした仕事をしていますが、
『借金問題を弁護士さんに相談したらすぐに破産させよるから困ってますねん』なんて話がでました。
▼ブログにも掲載▼
http://d.hatena.ne.jp/jf3tbm/20050702

なんか弁護士のイメージが崩れていますわ、ホンマ・・・。

投稿: ★たにぐち | 2005.07.04 17:04

>★たにぐち様

コメントありがとうございます

テレビに頻出の橋下徹弁護士がよくテレビで自嘲気味に
「世間で言われるような立派な弁護士なんてほとんどいない」
と言っていますが、今回ホントにそう思いました

投稿: lishi。 | 2005.07.04 18:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44050/4818841

この記事へのトラックバック一覧です: 良識のない弁護士:

« Park Wars Episode Ⅰ | トップページ | プロジェクトF その3 »