« 春眠、暁を覚えず | トップページ | 派遣 2 »

派遣

昨日と今日の2日にわたって

全国社会保険労務士会連合会近畿地域協議会

(な、長い名前… _| ̄|○)

が主催の人事労務管理研修を受けてきた




今年のテーマは

社会保険労務士のための労働者派遣法の実務

というものだった






そもそも派遣事業とは

派遣元事業主が自己の雇用する労働者を

派遣先の指揮命令を受けて

この派遣先のために労働に従事させることを

業として行うことを言う (下図参照)

haken










このスキームに似ているものとして

労働者供給事業や請負などが挙げられるが

厳密には異なるので注意しなければならない




kyoukyuu1 kyoukyuu2









労働者供給事業とは、上図のスキームのように

  1. 支配 (雇用を除く) している労働者を供給先へ供給し供給先の指揮命令又は雇用させる
  2. 雇用している労働者を、供給先にその労働者を雇用することを約して供給する

ことをいい、

職業安定法によって禁止されている行為で、違反したら

1年以下の懲役又は100万円以下の罰金

である






次に請負とは

労働の結果としての仕事の完成を目的とするものを指す (下図参照)

ukeoi










これは当然認められている契約ではあるが

巷では派遣逃れの請負が横行しているのも事実である




例えば

注文主 (又は派遣先) が労働者に対して指示を出したいときに

派遣であれば指揮命令権があるので直接できるが

請負の場合は請負業者を通して間接的にしかできない




だったら、初めっから派遣契約にすれば???

と思うかもしれないが、派遣の場合

  • 派遣業の許可が必要になる (登録者派遣をするとき)
  • 許可のための手続きのほか、登録免許税がかかる (最低でも12万円)
  • 許可は有期のため、更新手続きが必要 (当然そのたびに登録免許税がかかる)
  • 政令で定める26業種への派遣については派遣期間の期限はないが、それ以外の業種については最長でも3年 (物の製造に関しては最長1年) しか派遣できない
  • 港湾運送、建設、警備、医療業務については、そもそも派遣が認められていない

などなど、いろいろと制約があるので事業主としたら

契約は請負だけど、実態は派遣で

などと、邪 (よこしま) なことを考えてしまっているのだ!




ちなみに派遣業の許可を受けずに派遣業をすると、これも

1年以下の懲役又は100万円以下の罰金

なので、ちゃんと許可を受けることをお勧めする








話は変わるが

先日、とあるフランチャイズチェーンの部長さんとお話ししていたら

加盟店で人繰りがつかないときに、本部から人を応援に出して

加盟店から人件費分の費用を取っている

ということを話された




応援に行った人は、業務中は当然のことながら

加盟店である店主の指揮命令の元で働いているので

これは明らかに派遣業に当たるのだが

このフランチャイズ本部は派遣業の許可を取っていない…




フランチャイズチェーンの場合

確かに看板は同じであったとしても

本部と加盟店は経営者は別個独立しており

本部 = 派遣元

加盟店 = 派遣先

という図式になってしまうのだ!






このフランチャイズチェーンに限らず

派遣業許可について不備のあるフランチャイズチェーンって、

結構あるのでは?

などと思う今日この頃なのでした






|

« 春眠、暁を覚えず | トップページ | 派遣 2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44050/8694603

この記事へのトラックバック一覧です: 派遣:

« 春眠、暁を覚えず | トップページ | 派遣 2 »