« ポップンミュージック | トップページ | 昼寝 »

従業員1人での助成金申請

継続雇用定着促進助成金

の申請のお手伝いが業務の約9割である




厚生労働省管轄の助成金の財源は

雇用保険料 (雇用三事業分)

なので、申請しようとしている事業所に

雇用保険被保険者が何人いるか

によって、助成金の受給金額が決められている




1年目については、1年以上雇用保険に入っている

満55~64歳の従業員が1人以上いれば受給できる




ちなみに、助成金額はトータル5年間で

  •   1人~  9人 … 30万円~ 225万円
  •  10人~ 99人 … 60万円~ 450万円
  • 100人~299人 … 120万円~ 900万円
  • 300人~499人 … 150万円~1100万円
  • 500人~     … 200万円~1500万円

が受給できる




これをみると、当然のことながら従業員が1人のところでも

助成金が受給できるのだが

聞くところによると、一部の都道府県では

従業員が1人のところは

助成金の申請を受け付けない

らしい




…といっても、私は従業員1人のところでも

助成金の申請を受け付けてもらっているし

実際、支給決定も受けている



また、最終決定権のある 「中央」 に確認しても

そんな指導はしていないという




では、なぜそんなことがあるのか?



理屈はこうだ!

従業員が1人で、助成金の対象者が1人ということであれば

定年とかそういうこと以前に、単に

その従業員との労働契約を何歳までするか

ということだけであり

継続雇用制度を導入したからその従業員が

満60歳以降も継続雇用されたのではない

だから、助成金申請の主旨に反している

ということを勝手に解釈している担当がいるためらしい




確かに、私が申請に持って行っても

窓口ではいや~な顔をされる




ただし、所詮、助成金の申請は

形式主義

なので、形式上、助成金申請の要件を満たしているのであれば

申請そのものを拒絶することはできないのだ!




ところが、そのことを知らない一般の事業主さんが

窓口に行って、助成金の相談をしにいくと

あぁ、従業員1人?

あぁ、ダメダメ!

といって、相談そのものを受け付けてくれないのだ!




私の場合は

全ての書類を完備した状態で申請に行く

ので、窓口も拒否できないということなだけだ!






誰が申請窓口に行くかによって

申請できたり、できなかったりするなんて

おかしな話ではあるが、それが現実なのだ!






…ということで、

従業員1人だからという理由で

以前、窓口に行って断られた事業主さん!

私なら受給申請できますよ~~~! (営業)

(^_^)/~~~~








|

« ポップンミュージック | トップページ | 昼寝 »

コメント


 勉強になりました!
 でも、申請人によって・交渉手法によって
 通ったり、却下されたりなんて、あまりに不条理。

 まぁ、それ故に、我々の存在意義もあるのでしょうね。

 

投稿: み~や | 2006.03.17 12:32

同業者でも
初めて 「従業員1人の事業所」 の相談を窓口にしに行って
ダメといわれるケースがあり
そういわれた社会保険労務士もダメと思い込んでいる人が
結構多数います!

…っていうことで
同業者の皆さ~ん!!!
そういう案件は私に紹介してねぇ~~!!! (営業)
(^o^)/~~

投稿: lishi。 | 2006.03.17 14:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44050/9120814

この記事へのトラックバック一覧です: 従業員1人での助成金申請:

« ポップンミュージック | トップページ | 昼寝 »