« カマキリ | トップページ | 熱唱! »

介護基盤人材確保助成金

  1. 新たに介護事業を始める
  2. 既に介護事業をしていたが、
    新たにそれまでしていなかった介護事業を始める
    (例えば訪問介護しかしていなかったが、新たに通所看護も始めるとか…)
  3. 介護事業をする支店を増やす

等々に伴い、その事業専任の

  • 医師
  • (准)看護師
  • 社会福祉士
  • 介護福祉士
  • 訪問介護員1級 (いわゆる 「ヘルパー1級」 )

のいずれかの資格を持っていて

介護実務経験1年以上の人 ( 「特定労働者」 という) を雇入れると

介護基盤人材確保助成金

が受給できる




平成18年3月31日 (つまり今日) までは

特定労働者1人当たり最高140万円上限5名まで、

それ以外の労働者 ( 「一般労働者」 という) については
1人当たり最高30万円 (短時間労働は9万円)が 
「特定労働者」 の人数まで

受給 (つまり、最高850万円) できていたのだが 


平成18年4月1日 (つまり明日) からは

特定労働者1人当たり最高70万円上限3名まで

一般労働者の分は受給なし

ということになった! (つまり、最高210万円






またまた 助成金の縮小です…






比較的、予算消化率の高い助成金なんだから

ニーズの高い助成金じゃないの???

もっと予算増やしてよ!

って、

声を大にして叫びます!!

(文字も 「大」 にしてみました…)








|

« カマキリ | トップページ | 熱唱! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44050/9361549

この記事へのトラックバック一覧です: 介護基盤人材確保助成金:

« カマキリ | トップページ | 熱唱! »