« ガンバレ日本!!! | トップページ | にらめっこ »

会計監査

昨日は会計監査への立会いがあった






短時間労働者について、一定の条件を満たしている場合

厚生年金への加入手続きが必要なのだが

現在、老齢年金を受給している従業員の

厚生年金の適否についてヒアリングがあったのだ




老齢年金受給者が厚生年金の被保険者となった場合は

受給している年金が在職老齢年金という名前に変わる




単に名前が変わるだけならいいけど

受給金額が減額されてしまううえに

保険料の負担まで発生 (労使ともに) するので

会社としても従業員としてもそれは避けたいと思うのが人情だ!






春頃にその事業所から前もって相談を受けていたのだけど

まずは就業規則の整備から初めて

次に労働契約書の整備




そして就業時間についても見直した




現在、厚生年金の被保険者となる基準としては

一般の労働者の労働時間と比して

概ね4分の3以上の労働時間の労働者は

パート等の名称にかかわらず

厚生年金被保険者として加入手続きを取らなければならない




そこの事業所の一般労働者の就業時間は8時間なので

年金受給者については1日5時間の勤務に変更し

万が一、その従業員が残業することがあっても、

月の労働時間を120時間に押さえてもらっていた

(1日8時間 × 20日 × 3/4 = 120時間 なので…)




賃金台帳上、120時間を超えている月もあったものの

120時間台であったり、2月続けては超えていなかったので

辛うじて該当従業員についてはお咎めなしということに!

(^。^)y-.。o○








事前に相談を受けていたから対応できていたものの

いきなりの会計監査だったら厳しい結果になっていたかも…




経営者あるいはご担当者が

リスクを感じたからこそのご相談!






そのリスクへの感性、すばらしいです!!!

━━━(((((゚(゚(゚(((゚゚∀∀゚゚)))゚)゚)゚)))))━━━!!!!!








|

« ガンバレ日本!!! | トップページ | にらめっこ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44050/10600739

この記事へのトラックバック一覧です: 会計監査:

« ガンバレ日本!!! | トップページ | にらめっこ »