« 事業承継ガイドライン | トップページ | タケコプター (ナビ付き) »

事業主が職場における性的な言動に起因する問題に関し雇用管理上講ずべき措置の内容

先日、厚生労働省から

事業主が職場における性的な言動に起因する問題に関し

雇用管理上講ずべき措置の内容

についての告示 (厚生労働省告示第615号) が出された!




平成19年4月1日から

事業所内におけるセクハラに関する対策

をとっておくことが義務付けられたのだ!






概要としては


  1. 事業主の方針の明確化及びその周知・啓発


  2. 相談(苦情を含む。以下同じ。)に応じ、適切に対応するために必要な体制の整備


  3. 職場におけるセクシュアルハラスメントに係る事後の迅速かつ適切な対応


  4. 1から3までの措置と併せて講ずべき措置

となっていて

実際にセクハラ問題が起こってからの対応だけでなく

未然に発生を防ぐために、事前にとっておくべき対応も

あらかじめ決めておかなければならなくなる!






来年の事を言うと鬼が笑う

とはいうものの、あと半年しかない!!!




この半年の間に、皆さんの事業所における

セクハラ対策

体制の整備

を図ってくださいましね!

(*´д`*)








|

« 事業承継ガイドライン | トップページ | タケコプター (ナビ付き) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44050/12287926

この記事へのトラックバック一覧です: 事業主が職場における性的な言動に起因する問題に関し雇用管理上講ずべき措置の内容:

« 事業承継ガイドライン | トップページ | タケコプター (ナビ付き) »