« 黒タイツ | トップページ | 半分わかって、半分わからない »

継続雇用定着促進助成金の行く末

今年の4月から大幅に縮小された

継続雇用定着促進助成金




3月末までに制度を導入した企業に対しては

最高5回の助成をしていたものが

4月からは1回の助成になって

1回の助成金額は変更されたものの

トータルの助成金額が概ね1/4程度になってしまった




来年の4月からはさらに

その2/3

にまで減額されることは決定しているが

ここに来て新たな動きが出てきた




一部情報によると

来年度で継続雇用定着促進助成金は

なくなるそうだ… _| ̄|○




アベシンゾーがジュンイチローの路線を継いでいるということで

財政縮小路線は変わりない…






最近のニュースでも

雇用保険財政は失業率の改善等により

黒字になってきているが

そこで給付を厚くしたり、助成金を増やす方向ではなく

雇用保険料の保険料率を下げる方向にある




もともと、助成金受給の対象とならない事業主にとっては

そちらの方がありがたいということになるが

助成金申請のお手伝いがメインの私にとっては

かなりの痛手である…






先日の日経新聞に

70歳までの雇用を確保した事業主に対して

来年度 (平成19年度) から助成金を支給する制度の導入を

検討しているかのような記事があったものの

少なくとも厚生労働省管轄の助成金において

法律の裏づけ (法律で努力規定が盛り込まれている等) なしに

支給する助成金はなく

厚生年金保険法高年齢者雇用安定法

改正されなければそんな助成金は出てこないであろう…






徐々に人事コンサルティングや

福利厚生アウトソーシング 「ベネフィット・ステーション

の取次業務の受託件数が増えているが

もうすこし、そちらの比重が重くなるように

頑張らねばと思う今日この頃であった!








|

« 黒タイツ | トップページ | 半分わかって、半分わからない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44050/12907111

この記事へのトラックバック一覧です: 継続雇用定着促進助成金の行く末:

» 失業から再就職 [失業狂時代]
失業から再就職まで日記を書く。 [続きを読む]

受信: 2006.12.03 00:24

« 黒タイツ | トップページ | 半分わかって、半分わからない »