« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2度目の日本一

四半世紀ぶりに攻略してきた

日本一の山 富士山




中学2年に登って以来の富士登山だった




父が63歳ということもあり

「もう登れないだろうから…」

ということで、一緒に登ぼることに!

(父は3度目の富士登山)






午前中に大阪を出発し

夕方4時ごろに御殿場の須走口登山口へ到着0262




ちょうど5合目(出発点、標高2000m)が

雲の中に入っていて

しとしと霧雨の中を歩いていく感じで

スタートからいきなり雨具装着

(>_<)






富士登山道はいくつかあるが

須走口はもっとも低地からの

スタートになっているので

5合目から6合目までの間0161

結構、植物が茂っている




太陽をしっかり浴びるために

南側に伸びる植物






前回は富士宮口からだったので

すぐに荒涼とした風景になったけど

この須走口はスタートの足取りも軽くなる

(24時間後に地獄を見ることも知らずに…)






当初の予定では、1日目のうちに

8合目か8合5勺の山小屋まで登るつもりだったものの

お互い歳を取っていることを忘れていて (!?)

午後8時には日の入りで周りが暗闇になって

ヘッドライトを灯しながら登るも力尽き

午後9時にようやく本7合に到着




前回は9合目でなった高山病

わたしは早くも7合目のこの時点でなってしまい

頭がズキズキして二日酔いの感じ… _| ̄|○




翌朝4時半過ぎのご来光は父だけが見に行き

私は布団の中で唸ってました… 。・゚・(ノД`)・゚・。






6時過ぎに一念発起 (?) で起き上がり

頂上を目指して登山再開!

03


太陽は既に雲の上高く昇ってました…






既にこの時点で標高は約3200m

雲は眼下遥か彼方になって

まるで雲の上に浮いているよう!!!




視界には

雲海、太陽、青空、富士山のみ

心洗われるようだった!

(高山病さえなければ…)






さらに登り続けていく



04


次の小屋は見えているのに

これがなかなかもって

いつになっても近づかない…




そして、だんだん高山病が

ひどくなっていく… _| ̄|○




足取りもだんだん重くなっていき

1歩の歩幅は30cmぐらいで

3秒に1歩ぐらいのペースに…






でも1歩1歩着実に山頂には近づいているのだろう

(当たり前か…)




059

山頂まであと1歩の9合目が

もうすぐそこに!!!






前を歩く父は

ほとんど高山病にはかからず

ただ足腰はかなりキテイル模様…




お互いもういい歳した

オッサン、オジイサンになっていたことを

ここまで来てようやく再認識…

ガ━(;゚д゚)━ン!!




0618

9合目からの最後のせり上がりを越え

5合目を出発してから約18時間

(うち9時間半は山小屋で休憩)

富士山頂を制覇!!!






数日前までは、台風の影響で

天気も荒れていたとのことだが

日頃の行いが良かったのか (?)

晴天に恵まれ眼下に広がる

壮大な景色をズキズキする頭で堪能!




「くもの糸」 のお釈迦様の気分で

登って来る登山客を見下ろしてました

(-。-)y-.。o○

07




火口にはまだまだ残雪があり

改めて標高の高さを実感




本当に一番高いところは

火口の遥か彼方に見える

測候所のあるところで

火口の周りをぐるりと回る

お鉢周りをしないと辿り着けないのだが

25年前と同様

高山病がピークのため断念…

08



お鉢周りだけで

1時間~1時間半かかるのは

やっぱり耐えられなかった…


09


ただ、父が富士山頂郵便局から

葉書を出すということで

約20分ぐらい歩いたところにある

富士宮口から登ってきたところの山頂まで

無理して歩いたのだった…




郵便局から須走口からの山頂に

戻る途中で天候が急変!




数十メートル先が見えないぐらいに 10_1

雲が上がってきた!!!




やっぱり山をなめたら痛い目に遭いそうだ!






たっぷり休憩をとった後

午後12時半に頂上を出発




ガイドマップを見ると

下りは3時間半かかるということだったので

午後4時には下りられるな

なんて思っていたのに

実際には4時間かかったのだった… _| ̄|○






元々ひざが悪いのもあるけども

高山病がなかなか治まらず

大きく1歩が踏み出せない…

(踏み出すと頭痛が…)






登山道の名前の由来にもなっている

砂走り

という箇所がある




ここは踏み込むと 10~20cmぐらい

足が埋まるような砂道を標高差700m弱

ほぼ直滑降のような感じ

ただひたすら下りていく…




距離にして約2km…




砂走りの終わりごろには

ひざ間接、足首、股関節

すべてが悲鳴を上げてた…






最後の最後の階段は

瀕死の帰還兵のような足取り

午後4時半に、ほぼ24時間かけてゴール!!!






父とともに

もう二度と富士山に

登ることはないな

と誓いあったのでありましたぁ~

(-"-;)ウゥ

(下りは途中で写真を撮る気力もなかったよ…)








| | コメント (6) | トラックバック (0)

あなたの商品企画室

ネトモのしまりすさんの日記にあった

あなたの商品企画室

なるものやってみた!







商品名

「たそがれのlishi。追憶の大阪府編」

キャッチコピー

38年間の軌跡を辿り、お届けする感動の一遍

種類別名称 2時間ドラマっぽい見出しなのだがよく見ると、38歳の男性(人間)
商品名 たそがれのlishi。 追憶の大阪府編
原材料名 もう少し頑張りましょうな通知表
誰にも八方美人な社交性
思いやる心
100歳以上生きてしまいそうな健康美
頼まれると断れない性格
残虐非道精神
糖分
着色料(黄色8号)
賞味期限 人間としては後、43年くらいです。
異性の対象としては後、26年くらいです。
保存方法
(開封前)
たまには話しかけてあげてください。
開封後の取り扱い 寂しくなりすぎない程度に接してあげてください。
製造者 lishi。の父と母
今から約38年と数ヶ月程前、大阪府のとある一室において(以下略)

使用上の注意 お子様の手に届かない所で保管してください。
定期的に食べ物を与えてください。
たまには大阪府に連れて行ってあげてください。
たまにはスポーツをさせてください

「たそがれのlishi。 追憶の大阪府編」の販売数見込み


同年代の人たちに大変話題になり、38歳の人の37%が欲しいと一瞬思ったが、
実際売れた数は588個








…ということで

とりあえず588個は売れるそうです!

((藁´∀`))ヶラヶラ






寂しがりやなので

寂しくなりすぎない程度に接してあげてくださいネ!

ヾ(*´▽`*)ノ








| | コメント (2) | トラックバック (1)

懲戒免職取り消しが確定=二度酒気帯び運転の元教諭-最高裁

【懲戒免職取り消しが確定=二度酒気帯び運転の元教諭-最高裁】

 二度の酒気帯び運転と生徒の成績などが入ったMO(光磁気ディスク)の紛失を理由に懲戒免職となったのは不当として、熊本県城南町立中学校の元男性教諭が同県教育委員会に処分取り消しを求めた訴訟で、最高裁第一小法廷(才口千晴裁判長)は12日、教委側の上告を退ける決定をした。「懲戒免職は厳し過ぎる」として処分を取り消した二審福岡高裁判決が確定した。

 二審判決によると、元教諭は2003年11月に酒気帯び運転で警察に2度摘発されたほか、帰宅途中に生徒の成績や名簿などを保存したMOを紛失したことを理由に、04年1月に懲戒免職となった。

 一審熊本地裁は「酒気帯び運転の悪質性は高い」などとして免職は妥当と判断。これに対し、福岡高裁は「酒気帯び運転の常習性はなく、教諭としての評価は極めて高かった」と認定し、懲戒免職は重過ぎるとした。 

(時事通信社 - 07月12日 20:10)

http://www.jiji.co.jp/jc/c?g=soc_30&k=2007071201041








福岡の公務員が起こした飲酒運転による死亡事故以降

飲酒運転に対する懲戒処分が厳しくなっていたが

ここにきてようやく司法の判断が出た!






確かに飲酒運転はいけない事だけど

今回は事故を起こしたわけでもなく

ましてや死者が出たわけでもないんだし

摘発されたことで学校の信用を落としたわけでもないんだから

1か月の出勤停止ぐらいが妥当じゃないのかと思う






事業主の皆さんも

あまり過度に重い懲戒処分を下すと

結局、裁判で負けてしまうなんてことがあるので

バランスを考えて処分して下さいネ!

ヾ(o゚ω゚o)ノ゙ ヾ(o゚ω゚o)ノ゙








| | コメント (5) | トラックバック (0)

もてるデブ・もてないデブ分かれ「目」

「デブはモテる」が“定説”になってきた。デブタレントの“内山クン”こと内山信二(25)が、8年間同棲していた5歳年上の一般女性から訴えられた。内山の浮気が原因で別れたから、慰謝料を含めて計500万円を払えというもの。


 お笑いコンビ「インパルス」の堤下敦といい、「東京ダイナマイト」のハチミツ二郎といい、最近はデブ芸人がモテモテだ。かといって、モノマネの松村邦洋は「嫌いな男」ランキングの常連。何が違うのか?


「決定版 恐いほどよく当たる四柱推命」(新星出版社)の著者で、人相学にも詳しい黒川兼弘氏がこう言う。


「太っている男性は、よく言えばおおらかで細かいことを気にしない包容力がある。加えて、モテる3人は目が細い。人相学的には理性的、思慮深くて忍耐強いとされます。安心感とか癒やしを求める女性には、ちょうどいいバランスなのです。それだけ疲れた女性が増えているのでしょう」


 丸顔に切れ長の目は、「大仏」のイメージに近いらしい。デブだからと悲観することはない。


 逆に松村とか、グルメリポーターの彦摩呂のようにクリッとした目の男性は、同じデブでも感情的、衝動的な印象を与えがち。イマドキのお疲れ気味の女性にはモテないんだとか。


【2007年7月9日 日刊ゲンダイ掲載】

http://gendai.net/?m=view&c=010&no=19498








う~ん…




デブで、目の細い私ですが

未だにモテません… _| ̄|○






私の周りの女性は

みんな疲れ知らずで、元気なようです…

((藁´∀`))ヶラヶラ








| | コメント (2) | トラックバック (0)

「美女はしない」 は迷信!?

ポチッとな!(音出ます)






どんな絶世の美女でも

ウ○チはします

(…って、当たり前か)

((藁´∀`))ヶラヶラ









| | コメント (0) | トラックバック (0)

就職支援:委託業者がテキストに「給与や休暇聞くな」

【就職支援:委託業者がテキストに「給与や休暇聞くな」】

 各地の労働局が民間に委託して実施している就職支援セミナーの半数以上で、面接の際に給与や休暇に関する質問をしないよう指導するテキストを使っていたことが、厚生労働省の調査で分かった。基本的な労働条件を確認せずに就職することは、トラブルや労働者の権利抑制につながることから、同省は不適切な記述の削除やチェックの徹底を各労働局に通知した。

 調査によると、47都道府県の労働局のうち、東京の予備校経営会社など5事業者に委託した24労働局のセミナーで「面接で給与や福利厚生を聞いてはいけない」などと書かれたテキストを使用していた。

 島根県労働局のケースでは、必勝面接とビジネスマナーの項目に「自分から給料、休日、勤務時間、役職の話は持ち出さない」とあり、面接質問集では「間違っても『給料』『残業・休日』について聞いてはならない」などの記述があった。

 セミナーの民間委託は05年度から始まり、06年度は約38万人が受講、07年度も約11億円の予算が付いている。5月に成立した改正パート労働法では、労働時間や賃金など労働条件を文書で通知することを義務化するなど労働条件を理解することが重要視されている。

 厚労省職業安定局は「労働条件を確認しなくても良いという誤解を招く表現があった。給与などは必ず確認すべきで、誤解を招かないよう徹底する」としている。【東海林智】

毎日新聞 2007年7月6日 3時00分

http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20070706k0000m010174000c.html








誤解を招くもなにも

ほぼ間違いなく、その

東京の予備校経営会社など5事業者

への入社面接では、

給与や福利厚生について質問した就職希望者は

落とされていたんだろうねぇ~

((藁´∀`))ヶラヶラ






賃金については

ちゃんと面談のときに確認した方がいい




入社してから

こんなはずではなかった…

_| ̄|○

ってなことになったら

従業員にとってはもちろんのこと

事業主にとっても

求人のためにかかった金銭的・時間的コストが

全てパァーになってしまうんだから…

┐(´~`;)┌








| | コメント (2) | トラックバック (1)

ハニカミ王子

2006080812私が社会人になったときに
まだ産まれてもいなかった!

石川 遼 くん



まだ高校生なのに
明らかに
私より大人な振る舞いです…

ヽ(|||≧▽≦|||)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第2回個別労働紛争あっせん委員会

以前、ブログに投稿していたとおり

通常であれば個別労働紛争あっせん委員会は

今日の第2回をもって

あっせん成立か打ち切りになることが多い






とうとう本性出したよ、労働者






事件の概要としたら

事業主が従業員に対して出向命令を出したところ

その出向命令の撤回を求めてのあっせん申請だったのに

出向命令の撤回はできないと回答したら

サービス残業があったから

それもあわせて金銭解決してくれだと…






結局のところ

金をせびりたいだけじゃん!!!

┐(´~`;)┌






もう見ていて呆れるというか

浅ましいよね






お客様のために

一生懸命業務に当たっていた

とか、今まで従業員側が言っていたことが

ただの綺麗事にしか聞こえないよ…






確かに事業主側にも

不備があったのは確かだけど

こちらにも言い分はある!




まぁいくらの無茶な提示をしてくるのか

ある意味楽しみだよ

(-_-)zzz






…ということで

異例の第3回をもって終結することに!

(-。-)y-.。o○








| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »