« もてるデブ・もてないデブ分かれ「目」 | トップページ | あなたの商品企画室 »

懲戒免職取り消しが確定=二度酒気帯び運転の元教諭-最高裁

【懲戒免職取り消しが確定=二度酒気帯び運転の元教諭-最高裁】

 二度の酒気帯び運転と生徒の成績などが入ったMO(光磁気ディスク)の紛失を理由に懲戒免職となったのは不当として、熊本県城南町立中学校の元男性教諭が同県教育委員会に処分取り消しを求めた訴訟で、最高裁第一小法廷(才口千晴裁判長)は12日、教委側の上告を退ける決定をした。「懲戒免職は厳し過ぎる」として処分を取り消した二審福岡高裁判決が確定した。

 二審判決によると、元教諭は2003年11月に酒気帯び運転で警察に2度摘発されたほか、帰宅途中に生徒の成績や名簿などを保存したMOを紛失したことを理由に、04年1月に懲戒免職となった。

 一審熊本地裁は「酒気帯び運転の悪質性は高い」などとして免職は妥当と判断。これに対し、福岡高裁は「酒気帯び運転の常習性はなく、教諭としての評価は極めて高かった」と認定し、懲戒免職は重過ぎるとした。 

(時事通信社 - 07月12日 20:10)

http://www.jiji.co.jp/jc/c?g=soc_30&k=2007071201041








福岡の公務員が起こした飲酒運転による死亡事故以降

飲酒運転に対する懲戒処分が厳しくなっていたが

ここにきてようやく司法の判断が出た!






確かに飲酒運転はいけない事だけど

今回は事故を起こしたわけでもなく

ましてや死者が出たわけでもないんだし

摘発されたことで学校の信用を落としたわけでもないんだから

1か月の出勤停止ぐらいが妥当じゃないのかと思う






事業主の皆さんも

あまり過度に重い懲戒処分を下すと

結局、裁判で負けてしまうなんてことがあるので

バランスを考えて処分して下さいネ!

ヾ(o゚ω゚o)ノ゙ ヾ(o゚ω゚o)ノ゙








|

« もてるデブ・もてないデブ分かれ「目」 | トップページ | あなたの商品企画室 »

コメント

本当ついこの間までは「公務員の人って酒気帯びで懲戒免職なんて厳しいッスね~!」とか言ってたのに今ではほとんどの会社がそんな状態に><;


そっか、裁判したら勝てるのか(ニヤリ


・・でも罰金考えたらやっぱ飲めないね(笑)

投稿: ガク | 2007.07.13 18:27

>そっか、裁判したら勝てるのか(ニヤリ

裁判は勝つだろうけど
もう出世はしないだろうね…
┐(´~`;)┌

投稿: lishi。 | 2007.07.13 18:32

僕も、今回の裁判所の判断は妥当だと思います。
しかし、停職1ヶ月は軽いと思いますが・・・。3ヶ月くらいでしょうかね。

今回の事件はずいぶん前に起きた事件で、係争の結果時間がかかっただけなので、当時の判断としては、非常に先進的?な判断だったのですが、他の懲戒処分と比して、大きくバランスを欠いていたということだと思います。

公務員は、高い倫理性を求められますが、一方で身分保障があるため、失業保険もありません。はっきりいって、そんなに簡単に首にされては困ります・・・ホントウニ。

ところで裁判したら勝てる、という話がありますが、一般の職員の場合、その自治体で設置している人事委員会または公平委員会に対して懲戒処分の不服申し立てを行い、その結果に不満であれば裁判といった形になります。
地方公営企業(交通局とか)の職員の場合、直接裁判を行うしか道がありません。

不服申し立てや裁判で懲戒処分の不当性から処分が軽くなったケースはあります。最近でも大阪府で酒気帯び運転で懲戒免職→停職3ヶ月となったケースがあります。

ちなみに、今回の熊本のケースでは、地位保全が最終的に認められれば、これまでに得るはずだった給与に民法上の法定利息5%(でしたでしょうか??)を加えて、損害賠償請求を行うことになると思います。慰謝料も請求できるでしょうし、最終的には退職金も支給されますので、結構大きな金額になってこの方には跳ね返ってくると思います。
教師の世界は超過勤務手当てとかもなく、給料表に基づいて皆さん同じように昇給するので、仮に出世しなくても、停職見合い分の昇給ストップ分が生涯賃金に跳ね返るだけだと思います。教師を続けるかどうかは別の問題でしょうね。

この事件はちょっと興味があったので、少し長々と書きました。失礼しました。

投稿: やっさん | 2007.07.14 23:18

公務員っていろいろ 「しがらみ」 があって
大変だよね~。

>停職1ヶ月は軽いと思いますが・・・
たしかにそうは思うんだけど
過去の判例で
民間企業の場合、1か月超の出勤停止は重すぎる
っていうのがあるんだよね…

よく新聞とかで公務員の場合に
懲戒処分として3か月の停職処分のうえ、依願退職
とか出ているけどね… (^_^;

だけど最終的に地位保全が最終的に認められたとしても
結局のところ職場に復帰できず
未払賃金+損害賠償+退職金をもらうよりも
やっぱり元の仕事に戻って
(出世しなくても)定年まで賃金貰い続ける方が…
って思うのは私だけでしょうか… (^_^;


余談ですが
民法上の法定利息も引き下げが検討されているみたいですね
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20070715i101.htm

投稿: lishi。 | 2007.07.15 23:52

ちょっと追記します。

>よく新聞とかで公務員の場合に
懲戒処分として3か月の停職処分のうえ、依願退職
とか出ているけどね… (^_^;

これは、警察などでよくあることですが、懲戒免職にせず、3ヶ月停職にしてやるから、辞表を書け、といったパターンですね。

懲戒処分できる期間と内容は条例または規則で定められているので、こういったことになるのと、民間企業に比べて、高い倫理性を求められるので、最近の公務員パッシングの風潮からも、処分は厳しくなっている傾向にあります。

法定利息引き下げは賛成です、実態に合っていないと思います。
実態以上に利息を付することを法律で認めることは、利息制限法などが現実的な方向に運用されていることを勘案しても、是正すべき問題であると思います。


投稿: やっさん | 2007.07.16 23:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44050/15740207

この記事へのトラックバック一覧です: 懲戒免職取り消しが確定=二度酒気帯び運転の元教諭-最高裁:

« もてるデブ・もてないデブ分かれ「目」 | トップページ | あなたの商品企画室 »