« ハニカミ王子 | トップページ | 「美女はしない」 は迷信!? »

就職支援:委託業者がテキストに「給与や休暇聞くな」

【就職支援:委託業者がテキストに「給与や休暇聞くな」】

 各地の労働局が民間に委託して実施している就職支援セミナーの半数以上で、面接の際に給与や休暇に関する質問をしないよう指導するテキストを使っていたことが、厚生労働省の調査で分かった。基本的な労働条件を確認せずに就職することは、トラブルや労働者の権利抑制につながることから、同省は不適切な記述の削除やチェックの徹底を各労働局に通知した。

 調査によると、47都道府県の労働局のうち、東京の予備校経営会社など5事業者に委託した24労働局のセミナーで「面接で給与や福利厚生を聞いてはいけない」などと書かれたテキストを使用していた。

 島根県労働局のケースでは、必勝面接とビジネスマナーの項目に「自分から給料、休日、勤務時間、役職の話は持ち出さない」とあり、面接質問集では「間違っても『給料』『残業・休日』について聞いてはならない」などの記述があった。

 セミナーの民間委託は05年度から始まり、06年度は約38万人が受講、07年度も約11億円の予算が付いている。5月に成立した改正パート労働法では、労働時間や賃金など労働条件を文書で通知することを義務化するなど労働条件を理解することが重要視されている。

 厚労省職業安定局は「労働条件を確認しなくても良いという誤解を招く表現があった。給与などは必ず確認すべきで、誤解を招かないよう徹底する」としている。【東海林智】

毎日新聞 2007年7月6日 3時00分

http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20070706k0000m010174000c.html








誤解を招くもなにも

ほぼ間違いなく、その

東京の予備校経営会社など5事業者

への入社面接では、

給与や福利厚生について質問した就職希望者は

落とされていたんだろうねぇ~

((藁´∀`))ヶラヶラ






賃金については

ちゃんと面談のときに確認した方がいい




入社してから

こんなはずではなかった…

_| ̄|○

ってなことになったら

従業員にとってはもちろんのこと

事業主にとっても

求人のためにかかった金銭的・時間的コストが

全てパァーになってしまうんだから…

┐(´~`;)┌








|

« ハニカミ王子 | トップページ | 「美女はしない」 は迷信!? »

コメント

残業はともかく給料の事は聞いておきたい項目だよな~。まオレはあんまり興味なかったから聞いてないけど^^;


今では給料よりも税金に文句を言いたい(´・ω・`)

投稿: ガク | 2007.07.07 11:15

一部上場企業に新卒入社するときは
あんまり聞かなくても
しっかりした給与がもらえるからいいよぉ

転職で中小零細企業に再就職するときには
しっかり聞いておかないと大変なことに… _| ̄|○

賃金以上に 「その仕事」 自体に
興味があるんだったらいいけどね
(^_-)-☆

投稿: lishi。 | 2007.07.07 21:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44050/15669414

この記事へのトラックバック一覧です: 就職支援:委託業者がテキストに「給与や休暇聞くな」:

» オキテ破りの就職活動 [就職活動]
【アマゾンで1位を獲得!『オキテ破りの就職活動』の著者がプロデュースする通信制就職予備校 [続きを読む]

受信: 2007.10.19 09:12

« ハニカミ王子 | トップページ | 「美女はしない」 は迷信!? »