« 会社法 | トップページ | 谷間 »

いただけない

昨日の

行列のできる法律相談所

での解説は、ひどかった








日給 (8時間勤務) 8,000円の引越しのアルバイト従業員が

3時間勤務したところで自己都合退職したときに

3時間分の賃金に当たる3,000円をもらえるか?

という事例で

橋下弁護士以外の3名の弁護士は

もらえる

とし、橋下弁護士は

もらえない

という回答で、

トータルとしてもらえる可能性は70%ということに…






この質問、社労士にしたら

十中八九もらえる

と回答するだろう!




賃金に関しては

ノーワーク・ノーペイの原則

があるからだ




平たくいうと

働かざる者、食うべからず

ということ!




この反対解釈として

働いた分はちゃんともらえる

ということになる






日本の労働法制は

労働者は使用者に

時間切り売りしている

という考えの下で規定されていて

そのことには少しだけ触れていたのだけど

蛇足的に住田弁護士

全額払いの原則

を出してきたのはいただけない






労働基準法において、

  1. 通貨払いの原則

  2. 直接払いの原則

  3. 全額払いの原則

  4. 毎月1回以上払いの原則

  5. 一定期日払いの原則

という賃金支払5原則が規定されていて

それを引用したんだけど

本件の抗弁としては全く合っていない…




労働基準法でいう全額払いの原則とは

税金社会保険料、労使協定で定めたもの以外は

賃金から1円たりとも差し引いてはならない

ということを指している






橋下弁護士の言い分にいたっては

請負契約と雇傭契約の

混同も甚だしい!!!

(*゚д゚)ゴルァ!!








労働法を専門にしている弁護士が少ないのはわかるけど

あれだけ視聴率が高くて

全国に多大な影響を与える番組で

ミスリードしちゃだめだよ!






番組開始当初のように

1回の放送で3事例もやっているのならまだしも

今なんて1事例しかやってないんだから

もっとちゃんとした解説やってよ!!!






だれもノーワーク・ノーペイの原則のことに触れないなんて

ホントいただけない…

┐(´~`;)┌








|

« 会社法 | トップページ | 谷間 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44050/17330059

この記事へのトラックバック一覧です: いただけない:

« 会社法 | トップページ | 谷間 »