« 棲み家 | トップページ | カンフーダンク »

わかんなくなっちゃった

平成19年10月に雇用保険法が改正されて

一般被保険者及び高年齢継続被保険者について

それまでは所定労働時間30時間を境に

「短時間労働者被保険者」

「短時間労働者以外の被保険者」

と区分されていたものが

所定労働時間の長短にかかわりなく

単に一般被保険者又は高年齢継続被保険者ということになった




平成19年9月以前に資格取得した被保険者について

雇用保険被保険者台帳上では

短時間以外は 「1」

短時間は 「7」

と区分されていて、ほんの数日前までは

職安が交付する台帳でもそれが確認できたのだけど

とうとう平成19年9月以前に資格取得した短時間労働者のデータが

台帳上もすべて 「7」 から 「1」 に

書き換えられてしまった






「それがどうした???」

?(`Д´≡`Д´)?

と言われそうだけど

助成金申請を生業にしている私としては

大変面倒なことになった!!!




「短時間以外」 と 「短時間」 とで、助成金によっては

取り扱いが異なったり

人数を勘定しなかったり

助成金の金額が違ったり

するので、雇用保険法上は区分する必要がなくても

助成金申請の時には区分する必要があるからだ






これまでであれば台帳の交付を受ければ

一発でその区分がわかっていたものが

そうはいかなくなった… _| ̄|○






では、どうやって区分するのか?




いわゆる15条書面と言われる

労働条件通知書

のコピーを添付することで確認するしかないのだ…




1人や2人ぐらいのことならいいけど

これが10人単位100人単位になると…

。・゚・(ノД`)・゚・。




そして、この15条書面を

ちゃんと作成・交付している事業主であればまだしも

(法律上は義務だけど)

それをやっていない事業主だったりしたら

全員の15条書面を一から作成して

添付資料にすることに…

(>_<)






助成金の金額が減る一方で

手間ばかり掛かるようになるのは

勘弁して欲しいよねぇ~

┐(´~`;)┌








|

« 棲み家 | トップページ | カンフーダンク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44050/42012461

この記事へのトラックバック一覧です: わかんなくなっちゃった:

« 棲み家 | トップページ | カンフーダンク »