« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

自転車で132km/h

【時速132キロも出せる世界最速の自転車】

今年、自転車の世界最速記録が更新されたようです。この記録は6年ぶりの世界記録更新とのこと。自転車をこいだ人も超人的ですが、自転車の形も個性的で、何も知らないで見ると自転車が走っているようには見えません。

実際に走っているムービーを見てみると、自転車とは思えないようなスピードで、人間がペダルをこいで出せるスピードとは思えません。

自転車をこいだのはSam Whittingham氏。Whittingham氏は自転車で時速82.3マイル(時速132.5キロメートル)のスピードを出し、世界新記録を更新したようです。この記録はWorld Human Powered Speed Challengeという大会で、彼自身が持っている記録である時速81.02マイル(時速130.4キロメートル)を出してから6年ぶりの更新とのこと。

自転車を設計したのはGeorgi Georgiev氏。彼は6年前に世界記録を出した時にもWhittingham氏が乗っていた自転車を設計しており、今回も同じメンバーで世界記録を目指したようです。今回設計された自転車の名前は「Varna Diablo III」と名付けられたとのこと。一般的な座ってこぐタイプのものではなく、寝ころんでペダルをこぐタイプの自転車のようです。

(2008年09月26日 15時37分00秒 Gigazine)

http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20080926_world_fastest_bicycle/






排気量250ccのバイクでも

時速130kmって出すの大変なのに

この人、化け物です!!!

ヽ(|||≧▽≦|||)/






一体、人間はどこまで進化するのでしょうか???

(-。-)y-.。o○








| | コメント (0) | トラックバック (0)

三つ子の魂、百まで

また、やってしまった…






行政の人との

ディベート






えっ?

耳障りのいい言い方すぎる???




換言すれば

論戦




もっというと

論破

(-。-)y-.。o○

((藁´∀`))ヶラヶラ






どうもいかなんなぁ




理不尽なことや

不必要な要求に対して

どうしても抵抗してしまう




お客さんにまで

「助成金、大丈夫でしょうか…」

~(°°;)))オロオロ(((;°°)~

って心配までされちゃった

ヽ(|||≧▽≦|||)/






まぁ、彼らは法律以上のことも

法律以下のこともできないから

要件さえちゃんと満たしていれば

助成金の支給決定に影響はないんだけどさぁ…






これはもう会社員時代から…




…っていうより

もっと前からこの性格だから

治りようがないよねぇ~

┐(´~`;)┌




まさに

三つ子の魂、百まで

って感じでして…






まぁ

私が101歳になるまで我慢して下さい

( ´艸`)ムププ






そういうことじゃあ

なぁ~い!!!

(*゚д゚)ゴルァ!!

って???






全然、懲りてません…

((藁´∀`))ヶラヶラ








| | コメント (2) | トラックバック (0)

闇の子供たち

タイを主な舞台にしたUntitled

人身売買児童売春臓器移植を題材にした映画

闇の子供たち






日本の法律では15歳未満の子供の臓器は

脳死状態になった子供のものでも

移植することは出来ない




日本において

移植しか助かる手立てがない子供は

座して死を待つ

子供の臓器移植が認められている外国で手術するかしか

方法がないのが現状だ




ただ、子供の臓器移植が法律で認められているアメリカなどだと

手術を含めた費用は億単位のものになるし

また、簡単には脳死状態の子供が出てくるわけではなく

いつ出てくるか分からない状態で無期限に待つ必要があり

その間に命が尽き果ててしまうこともある…




ところが、今回の舞台となっているタイではブローカーが暗躍し

費用は5000万円ぐらいですみ

かつ、移植を待っている子供の都合に合わせて手術が行われているという






ところで

タイや隣接するミャンマーのスラム街に住む人たちの中には

生活のために自分の子供を人身売買の対象として

売り飛ばしている親もいる

(まるで江戸時代の日本のようだ…)




そんな子供たちは児童売春の相手として

日本人を含めた外国人に買われるために

児童売春宿に売り飛ばされるのだ




カマを掘られて血を流している少年の姿は

見ていて痛々しかった…




客にホルモン注射を打たれて死んでしまう子供まで…




病気に対する手立てなんか何もしていないので

エイズにかかる子供も出てきて

売春相手ができなくなったらゴミ袋に入れて

ゴミと一緒に 「生きたまま」 捨てられる






そして

金持ち外国人の子供が臓器移植が必要なときには

そうした子供の中から病気にかかっていなくて

血液型が一致するなど条件の整った子供が

「予備」 の子供も含めて選び出されるのだ!




そうして選び出された子供は

何も分からないまま麻酔を掛けられ

臓器が移植される




腎臓のように2つある臓器だけでなく

心臓移植の臓器提供者とかにもなるのだ




つまり

もうその子が生きて帰ることは

2度とないということを意味している…






もうここまで来ると

完全に人間扱いではない




ただの金づる以外の何者でもなく

大人たちの懐を肥やすために

死んで逝くことになった子供たち






この映画のラストでは

アジトが摘発されて子供たちが開放されて

 「めでたしめでたし」

と思っていたら

ホントの最後の最後でオチがあって…




確かに

途中で伏線はあったんだけど

人間の 「業(ごう)」 というか

なんともやりきれない気持ちで

映画館を後にしたのだった…






この映画を見終えて

「日本において当たり前に生きていること」

っていうのは、地球規模で見ると

実はすごく奇跡に近いことであって

また、実はとても幸福なことなのだと

気づかされたような気がする






話し変わって

この映画のような設定で

もし自分の子供が心臓移植しか手がなく

それだけの費用を負担できるだけの財力があったとき

 1)タイの子供が一人死ぬことになるけど、タイで移植を受ける

 2)合法的な方法でアメリカなどで脳死の子供が出てくるまで待つ

という、ある意味、究極とも言える選択肢に

一体どう答えるべきなのだろう?




いや、そもそもこの問題に

正解はあるのだろうか…








星は

4つでもあり

2つでもある…




こういった社会派の映画では

あまり 「3」 は付けたくないけど

3 しか付けられなかった…








| | コメント (0) | トラックバック (1)

るにん

むかしむかしのその昔




八丈島が

罪人の島流しの島とだったころ




流されたが最後

赦免状が出ない限り

島から生きて出ることはほぼ不可能




過去に抜け舟 (今風に言えば 「脱獄」 ) して

成功した者は皆無…




ひとたび抜け舟して捕まったら

竹ヒゴで編んだ丸いかごに入れられ

海岸壁に面した斜面を転がされ奈落の底へ…






現代のようにインフラが整備されているはずもなく

流人の監視役である島役人でさえも

常に厳しい飢饉に怯え続けているような島の生活




そんな島で出会った

火付けの流人である花魁・豊菊と

ばくち打ちの流人である喜三郎が

恋に落ちていく…






飢饉を生きぬくために

流人たちの 「慰み者」 として生きてきた豊菊




「こんな汚れた体で、こんな島の土になりたくない」

と泣き叫ぶ豊菊を

「俺が江戸に帰してやる」

と喜三郎は抜け舟を企て

日々、潮目と風を観察し続け

死罪をも覚悟のうえで抜け舟を決行したのだった…





200809211



奥田瑛二監督が

「真実の愛」

を描きたいと

DVDの特典映像の中で言っていたけど

恋愛免許、

仮免もまだ取っていない私には

そんな複雑な愛は分かりませんでした… _| ̄|○






ぜひ

恋愛プロフェッショナルな人の

感想を聞きたいです!

( ´艸`)ムププ









| | コメント (0) | トラックバック (0)

踏み切り守ろう!




たとえ 「開かずの踏み切り」 だったとしても

踏み切り上がるまでちゃんと待ちましょう!!!

━━━(((((゚(゚(゚(((゚゚∀∀゚゚)))゚)゚)゚)))))━━━!!!!!









| | コメント (2) | トラックバック (0)

自民総裁選 考

ポチッとな! (音出ます)








この人たちの選挙と

あんまり変わんないよね…

((藁´∀`))ヶラヶラ






まぁ私は昔から小沢一郎シンパだから

誰がなろうとあんまり興味ないけどね…

(-。-)y-.。o○








| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヘドが出そう

【大阪市が防波堤などを立ち入り禁止区域に 釣りファンや業者反発】

 大阪市が今年3月、大阪港内の防波堤や護岸を港湾施設に組み入れる条例改正をしたことを受け、10月以降、防波堤などが立入禁止区域に指定される見通しになっていることが9日、わかった。昨年8月、港内の人工島・夢洲で釣り人の転落死事故が発生したため。禁止区域指定後に無断で立ち入ると5万円以下の「罰金」が課せられ、事実上、港内は“釣り禁止”になる。渡船業者が人工島の護岸に釣り人を運ぶ行為もできなくなり、波紋を広げそうだ。

 市が新たに立入禁止区域に指定する見込みなのは、「大阪南港魚つり園」を除く大阪港の防波堤や護岸。市はすでに3月に港湾施設条例を改正し、防波堤、護岸などを港湾施設に加えた。今回は、この港湾施設を立入禁止区域に指定する方針だ。

 これまで市は、危険な地域について立ち入り禁止の立て看板やフェンスを設置していたが、釣り人がフェンスを破って侵入するケースが相次いでいた。釣り人に市職員が注意しても、法的根拠がないため、「法律で決められているのか」と開き直る人もいるという。

 こうした中で昨年8月、夢洲で釣りをしていた会社員の男性=当時(45)=が、桟橋から転落したとみられる死亡事故が発生。今年3月、男性の遺族が安全管理に問題があったとして市などを相手に損害賠償請求訴訟を起こした。市は争う姿勢だが、責任の所在をはっきりさせるために条例改正し、護岸などを市に管理責任がある港湾施設に加えた。

 事実上の“釣り禁止条例”に納得できないのが釣りファンや渡船業者。大阪港周辺はチヌ釣りが有名で、50センチを超える大物を狙い、週末には関東や九州からも大勢の釣り人が訪れる。

 週末には100人以上の釣り客を夢洲などに運ぶなど、30年以上釣り人を防波堤や護岸まで運んできた「ヤザワ渡船」(港区)の矢沢明社長(67)は「渡船を続けてくれという要望が非常に強い。条例に反して商売することはできないが、収入は、渡船と沖合で釣る乗合船が半々。簡単には割り切れない」と話す。

 また、別の渡船業者は「大阪市が立入禁止にすれば大阪湾に面する神戸市や堺市なども追随する可能性がある。このままでは大阪湾で一切釣りができなくなってしまう」と危機感を募らせている。

(産経 2008.9.9 14:42)

http://sankei.jp.msn.com/politics/local/080909/lcl0809091445002-n1.htm




9/13(土)の日経夕刊 (4版) にも載っていたこの記事


釣りが趣味で月一、二回は同護岸を訪れるという同市城東区の男性(38)は「行政による全面禁止はやり過ぎ。安全の管理は自己責任」と憤る。

といったコメントも、その日経夕刊には載っていた




38歳にもなって、この男性とやらは

安全の管理は自己責任

の意味を分かっているのだろうか?




この人は、仮に釣りに伴って事故に遭っても

消防 (救急車) 呼ばないわけ?

( ̄ロ ̄lll)




自分で全部対応して、

他人の手をわずらわせない

って言えるのが自己責任ってことじゃないのかなぁ???




実際、事故になったら当然119番にお世話になるんだろうし

あるいは上の記事みたいに

安全管理に問題があった

とか言い出して行政を訴えるんじゃないの?






ホント、自分勝手というか

権利ばかり主張するっていうか…






こういう身勝手な言い分をする人をみると

ホント、ヘドが出そうになるよ






こういうタイプが

モンスターペアレントとかになるんだろうね

┐(´~`;)┌








| | コメント (8) | トラックバック (0)

決めポーズ

2











決まってるでしょ?

((藁´∀`))ヶラヶラ








| | コメント (0) | トラックバック (0)

プラモ作り、晩酌も残業

【プラモ作り、晩酌も残業/住み込み管理人に420万】

マンションの住み込み管理人に対し、時間外労働の賃金をどこまで支払うかが争われた訴訟の差し戻し控訴審判決で、東京高裁は9日、大阪市の管理会社に約420万円の支払いを命じた。

管理会社側は、管理人室での晩酌や夕食後に趣味のプラモデル製作に充てた時間は残業時間から除くべきだと主張したが、宗宮英俊裁判長は「この間も必要になれば、住民らへの応対などの業務に当たる『待機中』で、残業時間に含めるべきだ」と指摘した。

一方、病院への通院や犬の散歩は「業務と無関係の私的行為」とし、労働時間と認めなかった。

休日の日曜日は、一日につき1時間を時間外労働として算定した。

1、2審は犬の散歩も残業時間に含めると認定し、それぞれ800万円、640万円の支払いを命じたが、昨年10月の最高裁判決は認めず、日曜日は実働時間に限ると判断。残業代を算定し直すため審理を差し戻した。

判決などによると、原告はさいたま市の女性で1997~2000年、死亡した夫と一緒に東京都北区のマンションの管理人をしていた。平日は「待機時間」も含めて午前7時から午後10時まで業務に当たったが、「本来の残業代が支払われていない」として、管理会社に計約4,000万円の支払いを求め提訴した。

(共同通信)
9月 9日

http://www.jil.go.jp/kokunai/mm/hanrei/20080910c.htm






まぁなんていうか

ひどい判決だねぇ~




病院への通院や犬の散歩を労働時間と認めなかったっていう

最高裁判決のときにも投稿したけど

こんな理屈を通していたら

住み込みの管理人なんて

1年365日

1日24時間

ほとんどがすべてが労働時間

ってことになっちゃうよぉ!!!

( ̄ロ ̄lll)




やっぱり裁判官の常識ってやつは

世間の常識からは

そうとう掛け離れているようだ…

┐(´~`;)┌




晩酌している時間も労働時間って

晩酌の結果、酩酊してしまっても

待機中だから

残業代頂戴ねheart01 beerbleah

っていう理屈になってしまうよ、これじゃ…




日本の司法に

常識を期待すること自体が

間違いなのかもね…

ガ━(;゚д゚)━ン!!






私も住み込みの管理人の

仕事に就きたいねぇ~

((藁´∀`))ヶラヶラ








| | コメント (2) | トラックバック (0)

おくりびと

生きとし生けるもの

この世に生を受けたものは

すべて必ず死ぬ




死にまつわる職業というのは

どこか忌み嫌われる傾向がある




ひょんなことから納棺師になってしまった大悟




夫婦愛、親子愛、家族愛、友情

仕事に対する誇り、おくられびとの尊厳を織り交ぜ

どこかユーモラスに、そして

どこか感動的に描いた映画

おくりびと (音出ます)




久石譲さんの音楽がまた場を盛り上げていく…

(*´д`*)




観ている人、それぞれポイントは違うかもしれないけれど

必ずと言っていいほど涙する作品です




この映画を観終わった後で

改めてホームページの予告編を観ても

涙があふれてきてしまいました






とてもすばらしい作品です!!






この作品を観るときは

かならず手元に涙をぬぐうものを用意のうえで観て下さい






そして、私はこの映画を観終わったときに

無性にケンタッキー・フライドチキン (音出ます) に

行きたくなりました…

((藁´∀`))ヶラヶラ








| | コメント (0) | トラックバック (1)

ジャッジⅡ 島の裁判官 奮闘記

昨年の秋にNHKで放送されたらしい

ジャッジ 島の裁判官 奮闘記

の続編にあたる

ジャッジⅡ 島の裁判官 奮闘記

が今年の11月1日(土)午後9時から放送される








らしい

というのも、

私はその放送を観ていなかったから

知らなかっただけだけど…






…で、

おととい、実家から車で10分ぐらいのところにある

今年4月に廃校になった小学校で、このドラマのロケがあり

エキストラで撮影に参加してきた

ヾ(*´▽`*)ノ




設定では奄美大島の小学校での運動会!?




暑さだけは奄美大島級だけど

海まで車で1時間は掛かるような山の中…




まぁドラマってそんなもんかもね

┐(´~`;)┌






運動会の準備のシーンやら

子どもたち (彼らは東俳とかの子役たち) のリレーを

島の住民たちが応援するシーンやら

地元消防団と裁判所の職員の綱引きのシーンやらが撮影された




ああいう子役たちって

セリフもないような役なのに

平日に学校休んでまでして来るんだね!




しっかりと親たちも付いてきていて

しかもエキストラまでやってたよ…






午前中は晴れていたものの

天気予報は夕方から雨で、案の定

午後からだんだん雲行きが怪しくなってって…




昼一番のシーンで30分以上太陽待ちしていて

薄日が出たところで、とりあえず1シーンが撮れたものの

次のシーンではテストの段階から

ポツポツrainと降り出してしまった…




結局、1時間以上雨がやむのを待って…




次、いつ雨が降ってくるか分からないので

もう太陽待ちなんて言ってられない!!!




急いでテストと本番、そしてもう一度別アングルでと

大わらわでの撮影となってしまったのでした






まぁたぶんデジタル加工とかで

晴れたようにとか、細かい雨を消したりとかして

何事もなかったかのように

晴れた空の下での運動会のシーンに

仕上がっているんだろうけどね

((藁´∀`))ヶラヶラ






その最後に撮ったシーンが綱引きのシーンで

テスト含めて10回以上綱引きやったので

(全力でやったわけではないけど) 筋肉痛が… _| ̄|○








当日は主人公の西島秀俊さんに、その妻役の戸田菜穂さん

同僚役の小野武彦さん、的場浩司さん、、酒井彩名さん

橋爪遼さん (お父さんは橋爪功さん) などが来られてた




酒井彩名さんって、実物、めっちゃ細くて

私のズボンだったら酒井さん3人は入れそうだった!!!






まぁ天候には恵まれなかったものの

それなりに楽しかった一日でした




ちなみに第何回の放送とか

いつの放送とかはエキストラの私は知りません…




興味ある方は

第1回から欠かさず観て下さいまし!!!

( ´艸`)ムププ








| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »