« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

情けない…

犬の散歩は

うちから1kmぐらいのところにある

三国本町公園

(正式には新駅4号公園っていうみたいだけど…)

まで連れて行って帰ってきている




時間帯は早朝であったり深夜であったり

その日によってまちまちだ




昨日は午後8時前に散歩に…






この時間帯って公園のグランド

…っていっても1反 (300坪) ぐらいのだけどで

野球サッカーの練習している中坊がいることがあり

あまり好きな時間帯ではない




案の定、中坊がサッカーの練習していたのだが

周りにお構いなしでフェンスの向かって

シュート練習とかしていやがる




それだけならまだしも

犬の散歩させている私の近くに蹴り込んでも

すみません

一言もない

のに軽く切れ気味




下手なら下手なりに

考えて練習しろよ!!!

(*゚д゚)ゴルァ!!

大声出して注意

(ここがまず大人気ない???)




キショいんじゃ、ボケ!

とか言い返してくる語彙のない中坊

30分ばかし口論

(さらにもっと大人気ない…)




わしならまだしも

小さな子供の目にでも当たったら

どないすんじゃ (怒)

って言うと

そんなん知らんわ

だってさ…

┐(´~`;)┌




親はいったいどういう教育しとるんだ

(*゚д゚)ゴルァ!!






「すみません」

の一言を言う勇気

をもっていないこのばか者、


…じゃない、若者は

社会に出て痛い目に遭ってからでないと

私の言っていることの

本当の意味が分からないんだろうな…




情けない…






そして

中坊相手に本気で喧嘩相手している自分も

情けない… _| ̄|○








| | コメント (0) | トラックバック (0)

休暇

日本において

人を殺しても罪にならないケースとしては

正当防衛とか死刑執行などが考えられる




今日も

2人の死刑囚の刑が執行されたと

ニュースになっていた




死刑執行の場合も

かなりの数の執行官が関わるらしい




スイッチを押す人も1人だと

執行官の心理的負担が多大なものになるので

複数人が同時にスイッチを押し

誰のスイッチによって執行されたのかが

分からないようにしている




過去に、それでもスイッチを押すのをためらって、

実はその人のスイッチが執行スイッチであったために

執行されなかったこともあるらしい




その他にも記録係や支え役とかいう担当もあるらしく

支え役は執行により落ちてきた死刑囚を

下で支える役という




首に縄をかけ床が抜けたからと言って

人間はすぐに死ぬものではないらしくて

筋肉が痙攣して

意識はないのに体が暴れたりするものらしい…

そういった状態にある死刑囚の体を抱えて

暴れないように支える役だというのだ…




死刑執行に関わった者には1日の、

特に心理的負担の大きい支え役には1週間の

特別休暇が付与されるぐらい

心理的なダメージの大きい仕事ということだ






この映画200810291

休 暇




2日後に結婚式を控えた刑務官・平井は

未婚のまま歳を重ねていっていたのだが

断り切れなかった見合いにより

子連れの女性・美香と

結婚することになったのだ




自分の息子になる達哉は

なかなか自分になつかず

また、自分自身もどこか達哉に対して

壁を作っていたのだった…




母の葬儀などで有給休暇を全て使ってしまっていた平井は

新婚旅行は当分の間できないと美香に対して言っていたのだが

家族との絆を築くための時間を得るべく

死刑執行の支え役に自ら志願して

1週間の休暇を得ることにしたのだった…








いくら罪にならないとは言え

人を殺すことに関わることには間違いなく

休暇取得のために支え役になることに苦悩することになる平井




死刑制度に対する是々非々をここで論じるつもりはないけれど

人の命と幸福というものについて

深く考えさせられる作品となっている






支え役に志願する刑務官・平井に小林薫さん、

死刑囚に西島秀俊さんがキャスティングされているが

この2人の演技がすばらしい!




特に西島さんは先日のNHK土曜ドラマ

ジャッジⅡ

での演技もすばらしいし、

この12月公開予定の

真木栗ノ穴

も楽しみな性格俳優さんだ






初めて西島さんを観たのが、CXの月9ドラマ

あすなろ白書

の松岡役だったけど

このころから難しい役どころの演技はすばらしい




これからのますますの活躍を

観続けていきたい役者さんのひとりだ








| | コメント (2) | トラックバック (0)

トウキョウソナタ

大手健康器具メーカー総務課長をしていた父・竜平 (香川照之さん)

平凡な専業主婦だった母・恵 (小泉今日子さん)

アルバイトに明け暮れる大学生の兄・貴

普通の小学生の弟・健二




日本のどこにでもありそうな

平凡な家庭だった佐々木家




ある日、総務課が中国の大連に移動することになり、会社からは

「社内で新しい仕事を見つけるか、退職して新しいみちを見つけろ」

と突然の三行半を突きつけられたことから

竜平の生活がガラガラと音を立てて崩れていく…






家族に対しては父の威厳を保つためにも

リストラされたことは言えない




ハローワークでの求職コーナーの相談員に対しては

大手会社の威厳が邪魔をして仕事を選んでしまい

プライドが邪魔をして、結果、いつまでも職に就けず

ボランティアの炊き出しにお世話になる毎日だった






ある日、炊き出しで出会った同級生の黒須 (津田寛治さん)




聞けば3か月前にリストラされて今に至っているという




「リストラの先輩」 は携帯電話を1時間に5回鳴る様に設定して

家族や世間にバレないように工作していたのだが

最近、妻の痛い視線にいたたまれなくなってきていた…




「妻は気づいている…」




黒須は、そんな妻が抱いている疑惑を晴らすために

竜平を自宅に招待して 「職場の部下」 として接するのだった…






そんなある日、佐々木家に強盗 (役所広司さん) が入り

顔を見てしまったため人質として連れ回される羽目になった恵




強盗の四方山話を聞いているうちに

その強盗をそのままには放っておけなくなってくる…




自責の念にかられた強盗に対して

「自分は一人しかいません。

信じられるのはそれだけじゃないですか」

と…




夫が自分たちに対してリストラを隠し続けている姿を見て

夫のことも自分自身にことも分からなくなっている

恵が自分自身に言い聞かせている心の叫びのようだ






貴はアメリカの軍隊に入隊すると言い出し

健二は給食費をくすねて、親には内緒でピアノ教室に通いだし…




少しずつ崩壊していく家族の苦悩と

それを取り巻く人たちの、同じく落ちていく姿…






皆は救われるのだろうか…






映画200810251_2

トウキョウソナタ

が描いているような

普通に暮らしている人たちも

いつ自分が 「落ちていく」 か分からないし

いや、いつ落ちてもおかしくない今の時代を生きていて

だれもが

「自分は落ちない」

と思っている脆い自信




悲劇や他人の不幸を見ても

「あぁ可哀想に…」

とは思っていても、

間違っても

自分がそうなるとは

かけらも思っていない

普通の人々…






年代的に

竜平、黒須、強盗の3人に対して

共感というか理解というか親近感というか…






そして結果として

1人は救われ、

2人は救われず落ちて逝ってしまった






世界経済が崩壊しつつあり

世界恐慌が迫りくる今

だれもが竜平にも黒須にも強盗にもなりえるという現実を

目をそむけずに

見つめなければならない








| | コメント (0) | トラックバック (0)

落下の王国

映画のスタントマンであったロイ200810251





橋の上から落ちるスタントが原因で下半身不随に…





将来に悲観したロイは自殺を考えるも

脚が動かなくてはベッドから動くこともままならない





そんな絶望の淵に立っていたロイと200810252

ひょんなことで病院で知り合いになった

同じくオレンジの樹から落ちて

左腕を骨折したため入院していた少女アレキサンドリア





200810253

ロイはアレキサンドリアの気を引き

自殺をするためのモルヒネを取ってこさせるために

自作のおとぎ話を始めたのだった…











200810254

そんなストーリー展開を見せる映画

落下の王国





そのおとぎ話の実写として映し出される風景の 

なんと美しいこと!!!





「実際にこんな風景あるのぉ???」

と思ってしまうぐらい

200810255

不思議な風景や美しい風景ばかりだが

ほとんどCGは使われていないという







実在する本当の風景というから200810257

この地球上にこんなすばらしい

感動的な景色があるなんて!

と感動しきりの映画になっている








ストーリーそのものは単調に進んでいくので

睡眠時間3時間で臨んでしまった私は

途中ウトウトとしてしまい… _| ̄|○200810256





とても残念なことをしてしまいました

。・゚・(ノД`)・゚・。







あと、観客の9割以上が女性であったにもかかわらず200810258

なぜか私の横には若い「にいちゃん」が座っていたのでした…






強面のなせる業です…

(-。-)y-.。o○ 

200810259








| | コメント (0) | トラックバック (0)

確かにどこかで…

確かにどこかで会った…

でもどこで会ったか

どうしても思い出せない…

ってことがあった






映画の入場口の

いわゆるモギリの女性




そんなに遠くない最近にどこかで…




会ったときのその女性の格好は

白いTシャツ黒系のスウェットパンツ

スポーティな格好であったと

顔と服装まではっきりと覚えているのに

どこであったか思い出せない…




でもスポーティな格好といっても

私自身はスポーツジムを辞めて久しい

趣味でスポーツもやっていない

運動らしい運動と言えば

金剛登山があるけどそことも違う…






ああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ

思い出せなくて

イライライライラするぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ






歳はとりたくないっす… _| ̄|○














あああああああああああああああ!!!




思い出したぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!






NHKの土曜ドラマ

ジャッジⅡ ~島の裁判官 奮闘記~

のエキストラに来ていた人の一人だぁ~!




運動会のシーンだったから

スポーティな格好だったんだよなぁ

(>_<)








…ということで (?)

先日は、このブログで11/1から放送と言っていましたが

1週間早まってこの土曜日の

10/25から放送開始です!

ヾ(*´▽`*)ノ




風のうわさでは

そのエキストラ出演の運動会のシーンは

第4話のラストシーンらしいです




暇で暇でしかたない人は

この土曜日午後9時からの

ジャッジⅡを観ておくんなまし~

ヾ(o゚ω゚o)ノ゙ ヾ(o゚ω゚o)ノ゙








ちなみに

番組ホームページの

ロケ地紹介

では、千早赤阪村

紹介されていませんでした…

((藁´∀`))ヶラヶラ








| | コメント (0) | トラックバック (0)

相性のいい犬、わるい犬―失敗しない犬選びのコツ

200810171_3よく

「飼い犬は飼い主によく似る」

というけど

心理学者の著者が心理学の見地から

「飼い主が自分に似た犬、相性のいい犬をチョイスする」

という仮説をたてて実証している






まず、獣医師やドッグトレーナーなど犬の専門家にアンケートを取り

    1. 友好的な犬(情愛の深い人なつっこい犬)


    2. 防衛心の強い犬(テリトリー意識の強い支配的な犬)


    3. 独立心旺盛な犬(意志が強く自立した犬)


    4. 自信のある犬(自発的で大胆な犬)


    5. 安定した犬(みち足りたマイホーム型の犬)


    6. 穏やかな犬(気立てがよく我慢強い犬)


    7. 頭のいい犬(機敏で訓練しやすい犬)

と、犬を7つのグループに分けている




次に飼い主である人間側の性格を

    1. 外向的・中間・内向的


    2. 支配的・中間・支配的でない


    3. 信じやすい・中間・他人を思い通りにしたい


    4. 心が温かい・中間・心が冷たい

に分けたうえで、

性格別男女別に人間と犬との相性を見ている




同じ性格でも

性別によって相性は変わってくるらしい!




「中間」 というのは大別すると2つの意味がある




どちらでもなく中間という場合と

どちらの要素も持ち合わせていて揺れがあり

どちらか片方に分類することができない場合だ




著者はどちらの場合も 「中間」 でいいとして

その相性を見ている




ちなみに私と相性のいい犬のグループは

頭のいい犬

自信のある犬

友好的な犬

ということだった




我が家のヤンチャ姫犬とヤンチャ坊主犬

「自信のある犬」

のグループであるワイヤー・フォックス・テリアなので

とりあえずは私との相性は悪くないみたいだheart04

ヾ(*´▽`*)ノ






本著の後半では

歴代アメリカ大統領やイギリス王室、その他著名人と犬との

様々なエピソードが綴られている




相性がよく、生涯愛された犬もいれば

不遇の人生 (犬生?) を送った犬など

心理学者の言葉だけになかなかこの分析が面白い




アイザック・ニュートンといえば

「万有引力の法則」

を発見したことで有名だけど

そのエピソードについて犬を絡めての話が

「へぇ~、そんなことがあったのか!」

と犬との話だけ出なく

人との相性についても述べられていて興味深かった






犬を飼う予定がない人や犬のことは別に好きでもない人でも

歴史上の著名人たちの逸話を読むだけでも

十分楽しめる一冊だ

(^_^)








| | コメント (0) | トラックバック (0)

脚が…

200810171_2 フロッグ・ピツァ (カエルピザ)

だそうで…

ヽ(|||≧▽≦|||)/






食欲落ちて

ダイエットに良さそうです!

((藁´∀`))ヶラヶラ








| | コメント (2) | トラックバック (0)

偽名の履歴書

就職活動するときには

必ずといっていいほど履歴書を会社に提出するし

会社によっては職務経歴書も添付する




なんらか (多重債務・犯罪歴の隠蔽等) の理由で

仮に偽名での就職活動をしたとしたら

刑法上、どのようなことになると思います?











ご想像通り (?) 、刑としては

有印私文書偽造、同行使罪

ということになる




偽名の履歴書提出については最高裁の判決もある






その本人が罰せられるのは当たり前として

では会社は刑に問われないのだろうか?






会社がその従業員の本人確認を十分せずに

虚偽の情報に基づき

社会保険や雇用保険の加入手続きをしたときは

以前にも投稿したとおり

電磁的公正証書

原本不実記録供用罪

に罰せられる可能性があるんですよ!






脅すわけではないけど

コンプライアンス (法令遵守) を企業理念として謳うのであれば

採用時にはちゃんと本人確認書類を徴求しましょうねheart01








| | コメント (0) | トラックバック (0)

たばこ

知る人は知っている

知らない人は全く知らない

私は大の嫌煙家! nosmoking

(-。-)y-.。o○






会社員時代には

午後5時以降は職場での喫煙が当たり前のようになっていたのを

真冬snowの寒いときに窓を開け放ちながら仕事をし

大風邪をひいてまでして分煙を訴え、導入させたぐらいだ

((藁´∀`))ヶラヶラ






打ち合わせや食事の場などで

たばこ、吸ってもいいですか?

とさえ聞かずに吸うのは論外だけど

でも聞くことが免罪符のように思っているのであれば

それはそれで

ちょっと違うんでないの???

と思ってしまう




大人な私は、そう聞かれれば

どうぞ happy01up

とは言うけれど、内心は穏やかではない




ましてや、私が嫌煙家と知っていて吸うのは

やっぱりマナー違反というか

デリカシーがないというか…






吸う人からは

じゃあ、

どこで吸えっていうんや!!!

(*゚д゚)ゴルァ!!

という声が聞こえそうだけど

それはご自分で常識の範囲で考えて下さいまし

((藁´∀`))ヶラヶラ








| | コメント (0) | トラックバック (0)

似て非なるもの 10

200810091





















初めてトータルテンボスさんをテレビで見たときのこと








えぇぇぇぇぇ!!!

スキマスイッチ常田真太郎さん、

いつから漫才も始めたの???

って思ってしまったのは

秘密です…

((藁´∀`))ヶラヶラ








| | コメント (2) | トラックバック (0)

アイアンマン

同じアメコミ系の実写映画という点では

「ダークナイト」 (バットマン)

の方が数倍面白かった

(…っていうか楽しめた)






話が単純でUntitled

分かりやすいっちゃあ分かりやすいけど

アメリカ映画の勧善懲悪には

すこし食傷気味で… _| ̄|○




パワードスーツを装着するシーンとかは

昔懐かし超合金を彷彿とさせて

われわれ世代にはよかったけど

それだけかな…




特段話に深みもなく

最後はヒーローが勝つ (チャンチャン)

てな感じでして

(*´∀`*)




アイアンマンの顔って

あんまりカッコよくないんだから

もうすこし話で魅せて欲しかったかな




前半1時間ぐらい眠気が出てきたよ…

(-_-)zzz




まぁ、CGにお金かけているというのは

よく分かる作品でした

ファンタスティック・フォーよりはよかったよ!

((藁´∀`))ヶラヶラ






あと、エンドロール始まってすぐに

「エンドクレジットの後に続きがあります」

なんて注釈いらないよ!




エンドロールも作品の一部

と思っている人であれば

あんなこと書かなくても、ちゃんと最後まで観るし

観ない人はやっぱり途中で出ていくって




その 「おまけ」 のシーンも

次回作を期待させるシーンが

ものの30秒ほどあるだけだったし

注釈入れるほどのこともないような…




ホントに観て欲しいんだったら

他の作品でもやっているように

エンドロール中にワイプ画面

次回作のワンシーンを流しながらするとか

やり方はいろいろあるだろうにね…

┐(´~`;)┌








| | コメント (0) | トラックバック (0)

土曜講座

某大学の一般向けの公開講座

9/27から毎週土曜日に受講している (全7回)




午後1時半から3時間の講座で

授業の始めに大学らしく出欠が取られる




講師が1人1人名前を読み上げていくが

出席率は半分以下…






高校以上は義務教育ではないとはいいながらも

どこか義務感にさいなまれながら出席していた学生時代は

授業や講義にでることが億劫だったけど

でも、社会人になってから思うのは

なんでもっとちゃんと

受講してなかったんだろう… _| ̄|○

といった後悔の念ばかりで…




あれだけの内容の民間の講座を聴こうと思ったら

数万円じゃ足りないようなものばかりで

結構、面白そうなものもあったのに…

。・゚・(ノД`)・゚・。






たぶんそういった思いを持っている人たちが

講座申込しているはずなのに

出席率半分以下って

欠席している人たちは

一体何のために

申込したんだろう???

と思ってしまった今日この頃でした…

(-。-)y-.。o○






学校側も慣れたもので

もしも申込者全員が出席したら

この教室に入りきらないだろう!!!

っていうキャパの教室だし

はじめから半分は来ない設定にしていてって

まぁ、そういうものなのかもしれないね…

┐(´~`;)┌








| | コメント (0) | トラックバック (0)

いい天気だぁ

今日の大阪

天気予報では一日秋晴れの模様

ヾ(*´▽`*)ノ




空気も乾燥していて

気温もいい具合!!!




ヤンチャ姫かヤンチャ坊主か

どちらのか分からないけど

オシッコがかかった私の掛け布団を

天日干しするにはもってこいの天気だぁ~

( ̄ロ ̄lll)




まさに

ツーリング日和!!!

( ´艸`)ムププ






正午ごろからお仕事のため

ツーリングの予定!!!






…じゃなくて

バイクによる移動

( ´艸`)ムププ






ただ、

帰宅は午後10時ごろの予定 _| ̄|○






バイク好きでも

一日180kmもバイク乗ってたら…

。・゚・(ノД`)・゚・。








| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »