« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

ハードとソフト

新しいことを模索中

(*´д`*)






ハード

お金をかければ、それなりになるけど

ソフト

お金をかけても、それだけでは…




本人の努力

ある程度はまかなえるのかもしれないけれど

事業として成り立たせるには

もう一段上等なものが必要






わかっちゃいるけど

なかなか思うようには行きませぬ…

┐(´~`;)┌








| | コメント (0) | トラックバック (0)

意味ねぇ~

まずはBABYたちdogの近況ですが

順調にスクスク育って

毎日のように兄弟でジャレあってますhappy01




また、皆様のご協力により

里親については

ほぼ決定しました!up




いろいろお手数をおかけいたしました皆様

ありがとうございました!!!

┌○┐






さて、本題!

((藁´∀`))ヶラヶラ




私のところにもご多分に漏れず

定額給付金

の申請書なるものが送付されてきた




名前書いて、住所書いて、電話番号書いて、振込口座書いて

記入した振込口座情報の上に保護シール貼って

本人確認と受取口座のエビデンスとしての

資料のコピーを貼付して…






むむむ???




これだと保護シールを貼付しても

通帳のコピーを情報むき出しで貼付してたんじゃ

保護シールの意味なくね?






ホント、行政って

バカばっかだよねぇ~

┐(´~`;)┌








| | コメント (0) | トラックバック (0)

混合5種ワクチン接種

生後6週間が過ぎRimg0684

昨日、ワクチンを打ちに行きました。




ヤンチャ姫とヤンチャ坊主の

散歩も兼ねてと

一家総出(!?)で出かけたのですが

結構疲れました… _| ̄|○






2回目の接種が3~4週間後なので

そのときは子供達だけを連れて行こうと思います

(^_^;











| | コメント (2) | トラックバック (0)

残業削減雇用維持奨励金

「日本型ワークシェアリング」の促進のため

と銘打って、

残業削減雇用維持奨励金

なるものが創設された




有期契約労働者派遣労働者を抱えている事業主にとっては

かなりの額の助成金が支給されることになりそうなので

該当する事業主さんはぜひ申請されてみては?






細かいことは別にして、

  • 売上高又は生産量5%以上落ちている


  • 1人1月当たりの残業時間が、1/2以上かつ5時間以上減っている


  • 6か月後又は1年後の労働者数が、今の4/5以上いる


  • その間に有期契約労働者の雇止め、派遣労働者の事業主都合による中途契約解除を含め解雇等がない


  • 労使協定を締結の上で、残業削減計画届を事前に提出

を満たした事業主に対して、中小企業であれば

6か月後又は1年後に在籍する

有期契約労働者1人当たり 15万円 (年30万円

派遣労働者1人当たり 22.5万円(年45万円

があわせて100人分まで支給されるということなので

最高で4500万円が受給できるということに!!!

ヾ(o゚ω゚o)ノ゙ ヾ(o゚ω゚o)ノ゙






お手伝いできることがあるようでしたら

こちらまでぜひご一報を!!!

(^o^)/~~~








| | コメント (0) | トラックバック (0)

うれう

私が社労士として開業したのは平成14年9月のことSh350025




全国の年平均完全失業率5.5%

過去最悪を記録した年でもあった




社会保険労務士という仕事柄、

公共職業安定所――いわゆるハローワークに行くことがあるけれど

当時は、明らかに40歳以上の中高年齢者がタムロしていて

それぞれが顔なじみどうしなのか

いつも入り口付近でタバコをふかしながら

談笑していたオッチャン連中がいたのが印象的だった

(-。-)y-.。o○




今回の世界同時不況では

完全失業率は4%あまりとあのときほどではないけれども

あのときと明らかに違うのが

20歳代、30歳代の求職者が圧倒的に多いことだ!

。・゚・(ノД`)・゚・。




入り口でタムロしていたオッチャン連中も

若い世代の求職者が多くなったので

居場所がなくなったのか分からないけど

あまり見かけなくなった…

(-"-;)ウゥ






少子化が叫ばれて久しいにもかかわらず

一向に国は有効な改善策を見出せず

フランスという、

少子化対策において見習うことが多々ある先進国があるのに

献金がどうたら、秘書がどうたら

いつまでたっても政治は三流で進歩のないまま

子どもはどんどん減っていて…

ヽ(|||≧▽≦|||)/




そのうえで今回のように若者の職も奪われている…






団塊の世代がリタイアしてしまうと

次のボリュームゾーンはわれわれバブル入社組になるが

質より量で、超買い手市場のなか就職したのが

どこまで使い物になるのか???




さらに20歳代、30歳代が労働市場からいなくなったことで

技術の伝承もままならないまま

「技術力の日本」

凋落するのが目に見えて… _| ̄|○






う~ん

考えれば考えるほど

明るい日本の姿が想像できないのは

わたしだけなんだろうか…

(-。-)y-.。o○








| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »