« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

ストレス測定 1

【うつ病チェック、健診で…来年度から実施へ】

 政府は職場でのストレスなどを原因としたうつ病など精神疾患の広がりに対処するため、企業や事業所が実施する健康診断に精神疾患を早期に発見するための項目を盛り込む方針を固めた。

 また、企業などのメンタルヘルス(精神衛生)対策を指導する国の専門職員の研修時間を2倍以上に増やすなど、精神疾患対策に本格的に取り組む。

 対策は、厚生労働省の「自殺・うつ病等対策プロジェクトチーム」が今月中にもまとめる提言に盛り込まれる予定で、政府は総合的な自殺防止対策の一環として2011年度からの実施を目指す。

 企業の健康診断は、労働安全衛生法で実施が義務付けられており、身長や体重の測定、血糖検査、尿検査など実施すべき項目を労働安全衛生規則で定めている。政府は同規則などを改正して、精神疾患のチェックを項目として盛り込む考えだ。長妻厚生労働相は19日、都内の労働基準監督署などを視察後、「何週間も何日も眠れないなど、そういった項目を医師が聞いて、うつ病をチェックできないか検討したい」と述べた。

 また、企業などの精神衛生対策を指導するため、都道府県労働局や労基署に配置されている、国の専門職員「労働衛生専門官」の研修プログラムの改定は今年6月から実施する。これまで年1回4時間半だった精神衛生関係の講義を10時間半に増やす。

 厚労省によると、仕事のストレスが原因でうつ病などになったとして労災認定を受けた人は、2008年度に過去最多の269人を記録、5年前の108人に比べて約2・5倍となった。

(2010年4月20日03時09分  読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100419-OYT1T01395.htm








これに先立ち

当事務所においてもストレス測定のサービスを開始した




医療機器である

ボディ・チェッカー

を用いて従業員のストレス測定を行い、

事業主さまにはその測定結果を表化、グラフ化して

報告させていただくというものだ




測定自体はいたって簡単で

左手の人差し指をセンサーに挟んで

約3分間じっとしているだけ!

ヾ(o゚ω゚o)ノ゙ ヾ(o゚ω゚o)ノ゙






初回は3時間まで無料で測定させていただき

(スムーズに測定が進めば、1時間で概ね10人測定できます)

2回目以降は有料にさせていただきます




2回目以降の料金は

3時間コース 15,750円

5時間コース 21,000円

で、それ以上の時間については

それぞれの組み合わせで対応させていただきます




これに加えて交通費相当額として

新大阪を起点として

30kmまでは無料

30km ~ 100kmまでは 1,050円/10km

100km超は 1,050円/20km

を頂戴します




ちなみにご参考までに

JR三宮駅で約33km (1,050円)

JR京都駅で約46km (2,100円)

となっています






具体的には

メンタルヘルス管理って

どうすればいいの???

と、お困りの事業主様はぜひご連絡いただければと思います!








| | コメント (0) | トラックバック (0)

「例外」には要件を満たすことが必要

店側に残業代支払い命令/「変形労働時間」認めず

パスタチェーン「洋麺屋五右衛門」のアルバイト店員だった東京都内の20代男性が、チェーンを展開する日本レストランシステム(東京)に未払い残業代など約20万円の支払いを求めた訴訟の判決で、東京地裁は7日、約12万円の支払いを命じた。

会社側は、業務の繁忙度に応じ、日によって勤務時間が変わる「変形労働時間制」を採用していることから残業代の未払いはないと主張したが、藤井聖悟裁判官は「就業規則などで制度の内容を明らかにしておらず、労働基準法上の要件を満たしていない」と判断。

請求通り、会社には約20万円の支払い義務があると認定したほか「十分な根拠なく支払いを拒んだ」として、労基法に基づく支払い拒否の付加金も認容額に加えたが、時効で男性の請求権が一部失われたとした。

判決によると、男性は2004年7月~09年3月、東京・錦糸町の店舗で調理や接客を担当。1日3~11時間働いたが、変形労働時間制を理由に一部の残業代などが支払われなかった。

(共同通信)
4月7日

http://www.jil.go.jp/kokunai/mm/hanrei/20100414a.htm








表題だけ見たときは

なにがあって

認められなかったの???

\(゜ロ\) (/ロ゜)/

って思ったけど、記事を読んで

そりゃだめだわ

┐(´~`;)┌

と思った






今さらいうまでもなく労働基準法では

1週40時間 1日8時間

を超えて労働させてはならず

これを超えて労働させるためには

あらかじめ

36協定を労働基準監督署に届け出していないといけない




ここで

1日8時間 1週40時間

ではないことがミソで

労働基準法上、変形労働時間制というものがあり

一定の要件のもとで平均して1週40時間の範囲内であれば

1日8時間以上の労働をさせることができるのだ

(労基法も 「1週40時間 1日8時間」 の順で規定している)




つまり、

1週40時間は絶対だけど

(ホントは一部例外あるんけど…)

1日8時間原則でしかなく、例外もある

ということで、ちゃんと法律で規定されている






法律が認めている、例外としての変形労働時間制は

  • 1カ月単位の変形労働時間制

  • 1年単位の変形労働時間制

  • 1週間単位の非定型的変形労働時間制

  • フレックスタイム制

の4つしかない




当然のことながら 「例外」 なので

それなりの要件を満たしていないと認められない




たとえば1カ月単位の変形労働時間制であれば

就業規則制度を規定するか、または

労使協定を締結して労働基準監督署に届け出るか

どちらかが最低でも必要であるが

ここの事業所はそれさえも怠っていたようだ






法律は

知らなかった… _| ̄|○

は通用しない世界なので、

特に例外を使おうという事業所は

しっかりとその要件を押さえておく

必要がありますよぉ~

と思った今日この頃でした

(-。-)y-.。o○








| | コメント (0) | トラックバック (0)

ザ・ヤンチャーズ

加山雄三とザ・ヤンチャーズが201004131

ニュースになったのはつい先日のことでしたが

昨日はSemanaさんとザ・ヤンチャーズ

急遽、集合に至り

5年ぶりに呑み食い明かしたのでしたぁ~






みごとにオジサン化したお互いをいじりながらの

積もる話に花を咲かした夜でしたとさ

((藁´∀`))ヶラヶラ

R0011598





R0011602








| | コメント (0) | トラックバック (0)

映える

蒼天に満開の桜が映えます

Sh350093_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心にもないことを

どーーーでもいいことをグダグダと

某T年金事務所の馬鹿どもが!!!

(*゚д゚)ゴルァ!!




社会保険事務所から年金事務所に変ったって

ホント変ったのは名前だけだね

┐(´~`;)┌





事業主も社労士も

全く信用されていないあの対応に

怒怒怒!!!

(*゚д゚)ゴルァ!!






こういうときにいつも思い起こされることがある




社労士が普段出入りする行政窓口として

労働基準監督署

ハローワーク (公共職業安定所)

年金事務所 (旧社会保険事務所)

があるが、

社労士会等の主催で勉強会や研修があるときに

これらの職員が来て講師をすることがよくある




このときの、いわゆるマクラで必ずノタマウのが

平素から (労働・社会保険) 行政に

ご理解とご協力いただき

誠にありがとうございます

云々カンヌン…

っていう例のやつ






本当にありがたく思っているのか、現場の連中は!!!




講師する奴らはいわゆるキャリア組が多く

窓口に直接立っているノンキャリの連中は

そんなことカケラも思ってないんとちゃうかぁ!




調子こいて社交辞令の挨拶なんて

心にもねぇこと言うんじゃねぇ!

(*゚д゚)ゴルァ!!








…と毒を吐いたら

少しはすっきりしました

((藁´∀`))ヶラヶラ






いい加減しゃくし定規な対応やめて

臨機応変という言葉を覚えませんかぁ

♯`Д´)⊃)`3゚)・∵








…と

いつまで経っても大人になれない

(少年の心を持った!?) わたしなのでしたぁ

((藁´∀`))ヶラヶラ








| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »