« 500系 | トップページ | 雇用の安定のために »

いつのまにか

今年は後厄で

誕生日を迎えると満42歳になる




私が20歳代の頃見ていた40歳代といえば

課長や次長、あるいはそれ以上の肩書が付いていた人か

出世街道から外れてしまった人かが

明確に分かれていた年代のように見えていた




会社員人生もいよいよ先が見え始める頃で

できない上司を見ては

なんでこんな奴らが

あんな高給とってるんやろ

などと思っていたものだ

((藁´∀`))ヶラヶラ








さて、ところで

私が開業したのは今から8年前の満34歳のときで

お会いする経営者はそのほとんどが年上

同年代の人なんてほとんどおらず

ましてや年下の経営者に会うこと自体が稀有であった




ところが最近、交流会等でお会いする経営者の人たちは

30歳代の人たちが多く、

ともすれば7歳年下の私の弟よりも年下の経営者がいたりと

だんだんと年下の人たちが増えてきていることに

あるとき気づいた次第でして…

(*´д`*)






ふと人生を立ち止まると

いつのまにやら自分自身が気づかないうちに歳をとり

まだまだ先だと思っていた年代に自分がなっていて

いつのまにやら人生の岐路に立っていることに突然気づいて

これから先、どう生きていくのか

あるいは、これまでの人生をどう活かしていくのか

改めて考える時期に来ているように思える

今日この頃であります…

(-。-)y-.。o○








|

« 500系 | トップページ | 雇用の安定のために »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44050/48518558

この記事へのトラックバック一覧です: いつのまにか:

« 500系 | トップページ | 雇用の安定のために »