« 大阪国 | トップページ | HK »

劇的変化

以前、睡眠障害(ちゅうとかくせい)について投稿したけど201007061

あれ以降、CPAPを着けて寝ている




機械自体は病院からのレンタルで

1か月に1回は診察を受けないと

いけないことになっている




今日の午後はその診察日で

1泊の検査入院した時に

CPAPを着けたときと着けないときのデータを取っていて

結果を一覧表にしたものをもらった




それによると

覚醒反応

着けたとき 6.5回/時

外したとき 78.5回/時

REM睡眠

着けたとき 28.5%

外したとき 8.8%

無呼吸+低呼吸

着けたとき 5.0回/時

外したとき 72.0回/時

睡眠効率

着けたとき 92.1%

外したとき 77.8%

劇的睡眠が改善されていることが分かる!




上の結果からも

CPAPをしていないとほとんど眠っていない

ということがよく分かる!

ヽ(|||≧▽≦|||)/




検査中は心電図や脳波測定などのために

体中にセンサーのコードが付いていたこともあり

眠りにくかったことを考えれば

CPAPだけを着けているときの状態は

より改善されていることは想像に難くない




実際、ここ1か月間CPAPを着けて寝ているが

ほとんど中途覚醒していない!




以前は異様な尿意により

しょっちゅう中途覚醒していたのに

それも全然なくなった!!!




睡眠中の呼吸や睡眠が改善されたことで

おそらく自律神経のバランスを

保つことができるようになったためじゃなかろうか






よく

歳をとると眠れなくなる

とかいうけど

もしかしたら歳をとることで筋肉が弱り

舌がのどをふさいで睡眠時無呼吸症候群になって

睡眠の質が悪くなったために眠れなくなっるということも

考えられるのでは???




睡眠障害があるかも!?

っていう人は、

睡眠診療を受診されることを

強くお薦めします!!!

ヾ(o゚ω゚o)ノ゙ ヾ(o゚ω゚o)ノ゙








|

« 大阪国 | トップページ | HK »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44050/48812734

この記事へのトラックバック一覧です: 劇的変化:

« 大阪国 | トップページ | HK »