京都へ買い物へ

秋の紅葉

にはまだ少し早いけれど

京都の観光名所はどこも混んでいるようだ




休日と言うこともあり

京都の道路はどこも混んでいた




あるものを購入するために京都へ行ったのだが

バイクでツーリングするには

なかなかよい天気で気持ちよかった!






清水寺近くの市営駐車場にバイクを停めたんだけど Rimg0838

修学旅行シーズンも重なり

各地からの観光バスもいっぱい停まっていた




お目当てのお店に行く前に

五条坂から清水坂を上って行こうとするも

案の定のすごい混雑Rimg0830_3




清水寺の門前に行くとRimg0828_2

団体さん恒例の集合写真を撮っていました






今日は清水寺に行くのが目的ではないので

ここでUターンして再び清水坂を下って

途中、産寧坂のところを右手に曲がり下りて行くとRimg0836_3

やはりここも大変な混雑… _| ̄|○




まぁ狭いところに人がいっぱいいるんだから

仕方ないかぁ~

┐(´~`;)┌






…で

ようやくお目当てのお店に到着!Rimg0832




…で

お目当ての商品を探すも

その商品の品揃えが… _| ̄|○




「近くに姉妹店があるので」

ということで、数十メートル先の

姉妹店では品揃えばっちりだったので

そちらでお目当ての品を購入

(何を購入したのかはまたの機会に…)






この時点で午後3時少し前と中途半端な時間




夕食はいつも午後4時過ぎだし…






でもまぁいいや

と生来の楽観主義者である私はRimg0840

バイクを百万遍方向に走らせ

約2年ぶりに、カレー屋さん

ビィヤント

でお食事することにしたのでしたぁ~

((藁´∀`))ヶラヶラ




注文は

カツカレー辛口 (大盛り) と サラダRimg0842

といつも通り

(-。-)y-.。o○




ほどなく出来上がり!




甘口が既に辛口

というビィヤントで、Rimg0844_2

しっかりと辛口カレーを堪能し

10分もしないうちに完食したのでありましたぁ

(*´д`*)






まだ午後3時半だというのに

空気は既に肌寒く

急いで家路に着いたのでありました






程よい心地の疲れを残して

今から山盛りに溜まっている

お仕事に着手するのでありましたとさ…

。・゚・(ノД`)・゚・。








| | コメント (0) | トラックバック (0)

2度目の日本一

四半世紀ぶりに攻略してきた

日本一の山 富士山




中学2年に登って以来の富士登山だった




父が63歳ということもあり

「もう登れないだろうから…」

ということで、一緒に登ぼることに!

(父は3度目の富士登山)






午前中に大阪を出発し

夕方4時ごろに御殿場の須走口登山口へ到着0262




ちょうど5合目(出発点、標高2000m)が

雲の中に入っていて

しとしと霧雨の中を歩いていく感じで

スタートからいきなり雨具装着

(>_<)






富士登山道はいくつかあるが

須走口はもっとも低地からの

スタートになっているので

5合目から6合目までの間0161

結構、植物が茂っている




太陽をしっかり浴びるために

南側に伸びる植物






前回は富士宮口からだったので

すぐに荒涼とした風景になったけど

この須走口はスタートの足取りも軽くなる

(24時間後に地獄を見ることも知らずに…)






当初の予定では、1日目のうちに

8合目か8合5勺の山小屋まで登るつもりだったものの

お互い歳を取っていることを忘れていて (!?)

午後8時には日の入りで周りが暗闇になって

ヘッドライトを灯しながら登るも力尽き

午後9時にようやく本7合に到着




前回は9合目でなった高山病

わたしは早くも7合目のこの時点でなってしまい

頭がズキズキして二日酔いの感じ… _| ̄|○




翌朝4時半過ぎのご来光は父だけが見に行き

私は布団の中で唸ってました… 。・゚・(ノД`)・゚・。






6時過ぎに一念発起 (?) で起き上がり

頂上を目指して登山再開!

03


太陽は既に雲の上高く昇ってました…






既にこの時点で標高は約3200m

雲は眼下遥か彼方になって

まるで雲の上に浮いているよう!!!




視界には

雲海、太陽、青空、富士山のみ

心洗われるようだった!

(高山病さえなければ…)






さらに登り続けていく



04


次の小屋は見えているのに

これがなかなかもって

いつになっても近づかない…




そして、だんだん高山病が

ひどくなっていく… _| ̄|○




足取りもだんだん重くなっていき

1歩の歩幅は30cmぐらいで

3秒に1歩ぐらいのペースに…






でも1歩1歩着実に山頂には近づいているのだろう

(当たり前か…)




059

山頂まであと1歩の9合目が

もうすぐそこに!!!






前を歩く父は

ほとんど高山病にはかからず

ただ足腰はかなりキテイル模様…




お互いもういい歳した

オッサン、オジイサンになっていたことを

ここまで来てようやく再認識…

ガ━(;゚д゚)━ン!!




0618

9合目からの最後のせり上がりを越え

5合目を出発してから約18時間

(うち9時間半は山小屋で休憩)

富士山頂を制覇!!!






数日前までは、台風の影響で

天気も荒れていたとのことだが

日頃の行いが良かったのか (?)

晴天に恵まれ眼下に広がる

壮大な景色をズキズキする頭で堪能!




「くもの糸」 のお釈迦様の気分で

登って来る登山客を見下ろしてました

(-。-)y-.。o○

07




火口にはまだまだ残雪があり

改めて標高の高さを実感




本当に一番高いところは

火口の遥か彼方に見える

測候所のあるところで

火口の周りをぐるりと回る

お鉢周りをしないと辿り着けないのだが

25年前と同様

高山病がピークのため断念…

08



お鉢周りだけで

1時間~1時間半かかるのは

やっぱり耐えられなかった…


09


ただ、父が富士山頂郵便局から

葉書を出すということで

約20分ぐらい歩いたところにある

富士宮口から登ってきたところの山頂まで

無理して歩いたのだった…




郵便局から須走口からの山頂に

戻る途中で天候が急変!




数十メートル先が見えないぐらいに 10_1

雲が上がってきた!!!




やっぱり山をなめたら痛い目に遭いそうだ!






たっぷり休憩をとった後

午後12時半に頂上を出発




ガイドマップを見ると

下りは3時間半かかるということだったので

午後4時には下りられるな

なんて思っていたのに

実際には4時間かかったのだった… _| ̄|○






元々ひざが悪いのもあるけども

高山病がなかなか治まらず

大きく1歩が踏み出せない…

(踏み出すと頭痛が…)






登山道の名前の由来にもなっている

砂走り

という箇所がある




ここは踏み込むと 10~20cmぐらい

足が埋まるような砂道を標高差700m弱

ほぼ直滑降のような感じ

ただひたすら下りていく…




距離にして約2km…




砂走りの終わりごろには

ひざ間接、足首、股関節

すべてが悲鳴を上げてた…






最後の最後の階段は

瀕死の帰還兵のような足取り

午後4時半に、ほぼ24時間かけてゴール!!!






父とともに

もう二度と富士山に

登ることはないな

と誓いあったのでありましたぁ~

(-"-;)ウゥ

(下りは途中で写真を撮る気力もなかったよ…)








| | コメント (6) | トラックバック (0)

金剛山さくら祭

毎年5月3日は

大阪の最高峰 金剛山

に、父とそのむかしの同僚の方々と登山している




5月3日、金剛山では毎年

さくら祭

というイベントがあり

それにあわせて年に一度登っているのだ!




大型連休において

私にとっては唯一のイベント




前日の夜には金剛山麓に近い実家に行き

当日の朝から登山へGo!






いつもは金剛登山口から登っているのだが

今年は金剛山ロープウェー方面からの登山




こちらのコースは緩急の差が激しく

特に前半は急斜面を登っていくような感じで

ちょっとつらい… _| ̄|○




後半はほぼなめらかな登山道なのが

せめてもの救いで… (^_^;




だけど帰りも大変!




ふもとに近づくにつれ

あの急斜面が続いて

膝関節と股関節が悲鳴を上げてた!!!

ヽ(|||≧▽≦|||)/




途中、イベント用の弁当を運ぶために登っていた保冷車が

「下山」 のため舗装された登山道で

我々を抜かしていったけど

タイヤが地面をグリップできずに

タイヤを滑らしながら降りていってたよ…

ヽ(|||≧▽≦|||)/




あのまま行ってたら

登山者にぶつかったり

崖から落ちたりしちゃうよ!!!




無事に降りられたとしても

タイヤがバーストしてしまうんじゃないかって

心配してしまうぐらいの急勾配でして…






そんな下り坂を無事に降りきり

うちに帰ってから 「ふくらはぎ」 だけは

エアーサロンパスして寝たから筋肉痛なかったけど

股関節だけは今も… _| ̄|○

(万歩計が24,000歩まで行ってたよ…)






この7月に富士登山が計画されているんだけど

金剛山 (標高1125m) でこんな状態なので

いまから戦々恐々なのでした…

。・゚・(ノД`)・゚・。








| | コメント (0) | トラックバック (0)

安土 小旅行記 2

先日の安土への小旅行

写真が出来たのでアップ!






まずは安土に向かう途中で

コスモス畑があったのでパシャ!

200610301 200610302




















200610303

安土駅前には
信長翁の立像が





























200610304 安土山 (199m) の
中腹から城下を望む

この写真に写っている
2人の女性に
このあと3度も会った!

運命かも???

((藁´∀`))ヶラヶラ












200610305 山頂から
琵琶湖を望む

このうえに
さらに7層の
天守閣があったなんて!












200610306 下山したら
ススキの穂が
秋らしく
陽の光に
輝いてました















200610309そしてコンサート会場

結構、立派な施設でした

200610307 みなさん
すばらしい演奏
ありがとう!ヾ(*´▽`*)ノ

写真は後日送るね!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

安土 小旅行記 1

D・P・E

っていっても

最近の人は分からないかもしれないなぁ~ _| ̄|○




Development (現像)

Print (焼付)

Enlargement (引き伸ばし)

それぞれの頭文字をとった略語で

写真の現像・プリントをしてくれる店の事をD・P・E店いう




最近ではデジカメがこの世の春を謳歌していて

フィルムカメラは昔のものとなりつつある…




プロのカメラマンでさえデジカメ一眼レフが多くなり

現像なんて処理自体がなくなりつつある






そのような時勢の中で

わたしはデジカメを持っていない!




携帯電話に機能としては付いているが

いわゆるカメラとしては

フィルムの一眼レフをメインとしている








先日の土曜日はSemanaさんのコンサートに行くため

安土まで行ったのだが

バイクで、高速使っても

片道2時間弱の道のりなんだから

と、安土へ小旅行のつもりで朝早くから出かけたのだった!






20歳代の頃は、まわりの独身連中と

遊園地に行ったり、BBQに行ったりしていて

そのときにはフィルムカメラで写真を撮り

みんなに配ったりしていた




しかしながら、如何せん、すでにわたしの周りには

一緒に遊びに行くような独身貴族(?)は、いなくなり

せっかくの一眼レフも奥の方にしまったままになっていたのだが

せっかくだからと埃を払い

一眼レフにレンズ2本を携えて出かけたのだった!






まずはコンビニで36枚撮りのフィルムを2本購入




途中、コスモス畑があったので何枚かパシャ!




コンサートは午後2時半からだったが

午前11時には安土に着いていた




安土駅でもパシャ!




次は安土城跡!




安土山は標高199mの小山で

ぐる~っと登って降りてきても1時間強で周ってこれる




山頂からの眺望もなかなか良かったが

その上に、更に地下1階地上6階の7層の城があったかと思うと

安土城の天守閣に昇ってみたいなぁ~

大阪城みたいに

再現してくれたらなぁ~ (*´д`*)

と思うのだった!!




安土山でもパシャパシャ!




そのあとコンサート会場まで行ったのだが

まだ時間があったので、同じ敷地内にある

信長の館

という展示施設で時間を潰すことに…




中には、安土城の一番豪華な内装であった

上2層のレプリカが展示されていたり

写実的に描かれた信長の似顔絵があったりした

時間的には30分ほどかけてまわった






いよいよ時間になりコンサート開始!




マンドリン演奏の社会人団体でも

トップをはる連中が集まってのコンサート

さすがに技術は一流だった!!! (ヨイっショ!!!)




終曲のパストラル・ファンタジーにいたっては

聴いていて涙が出そうになったほどだ!




ずーっと鳥肌たちっぱなしの

演奏会って久しぶりだった (*´∀`*)






演奏会も終わり、メンバーの集合写真もパシャ!




楽しい時間をありがとう!






帰りは高速を途中で降りて

マイミクのいけやんさんのお店

竹香

で、お食事 (^_^)




いけやんさんはいなかったので

食事を済ませて帰ろうとしたところ

出勤してきたいけやんさんに遭遇してしまい

拉致 (?) られてしまいました ((藁´∀`))ヶラヶラ




しばし歓談のあと、ご子息とのツーショットをパシャ!






新大阪に戻ってきて近所のD・P・E店に現像に出そうと思ったら

そのお店

いつの間にか閉店 (撤退) していました… _| ̄|○




しかたなく、今朝フィルムを購入したコンビニに出したら

写真が出来るの1週間後ということに…






まぁ、

どんな写真が出来るのかなぁ? (^_^)ワクワク

っていうのが、フィルム写真の楽しみなんだけどね (^_-)-☆






…ということで

写真が出来上がったら

小旅行記 2

をお送りしま~す!!!

(^o^)/~~~








| | コメント (4) | トラックバック (0)