日経新聞の株価欄

昨日は2006年の大納会で

4年連続で株価が上昇したという




一見

めでたいめでたい

ヾ(o゚ω゚o)ノ゙ ヾ(o゚ω゚o)ノ゙

ということかもしれないが

これはあくまでも上場企業の業績がいいというだけのお話で

では日本経済全体が良くなったかといえば

必ずしもそんな実感はない… _| ̄|○






ところで

新聞の株価欄についてひと言!




現在わたしは日経新聞を取っていて

日経は比較的、経済ニュースが多いといわれている新聞だけど

株価欄はこんなんでいいのだろうか?




朝刊は前日の終値、夕刊は当日午後1時半の株価が載っているけど

ただ単に株価を知りたいだけであれば

今の時代ネットで検索するだろうし

過ぎてしまった株価に興味を持っている読者が

どれだけいるのだろうか???




週の終わりの朝刊には

年初来の高値安値、予想PER、予想利回り

も載っているから

銘柄間の比較・分析する意味ではまだマッシだけど

平日のものは、当日の

始値、高値、安値、終値、出来高

しか載っておらず

過ぎてしまった株価だけ見て

何をどうしろというの???




昔のように情報のない時代なら

それでよかったかもしれないけど

情報がほぼリアルタイムで流れている時代に

ちっょと時代錯誤のような気がしないでもない…

ガ━(;゚д゚)━ン!!






週末版並みに情報を充実させるか

あるいは、いっそのこと

「株価はウェブで」

って、掲載をやめた方がいいんじゃないの?




日経金融新聞との関係で

あまり充実した株価情報を載せられないんであれば

ホント、株価情報に3面も割かずに

他の情報を充実させた方がうれしいんだけどね…

┐(´~`;)┌








あっ!



値下げしてくれても

いいかもね!!!

(^。^)y-.。o○








| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライブドア株

ライブドア株、かなり暴落しましたねぇ~




ピーク時の約10分の1って…




ここで仕込むか否か、思案のしどころ…






一旦、上場廃止にはなるだろうけど、再上場を期待して買っておくか

それとも

フジテレビを筆頭に損害賠償請求されて倒産紙くずと化すか…






大儲けするか大損するか、ほとんど博打だね… _| ̄|○




| | コメント (2) | トラックバック (0)

JR西日本株主総会に出席して

今日、午前10時から大阪のリーガロイヤルホテルで

西日本旅客鉄道株式会社(JR西日本)の株主総会があった




まずは開会に際して

先般の福知山線の事故で亡くなられた方々への

哀悼の意を込めて取締役及び株主全員により黙祷




開会挨拶に続き、議案の審議に入ろうとしたところ

一部の株主より 「議事の進行」 のあり方について動議があるも

垣内社長はしなやかにスルー



これが波乱の幕開けとなった



怒号が飛び交うなか、

決算報告

企業課題

1号議案(第18期利益処分案承認の件)

2号議案(取締役4名選任の件)

3号議案(監査役1名選任の件)

事前質疑に対する回答

と、粛々と議事進行




いよいよ個別の質疑応答が始まった



…と

いきなり一人目の質問者がトンチンカンなことを質問して

株主からも罵声を浴びる



経営陣側も株主側もいきなりズッコケタので仕切りなおし



二人目からは案の定、事故に関する質問が延々と続く




事故に関するものとそれ以外のもののバランスとしては

8:2

といったところか…




落ち着いたところで、私も 「やわらかい質問」 をしようと思っていたのだが

一向に挙手がやまず延々午後1時45分頃まで質疑応答が続く

元従業員からも、現場の実態が明らかにされるなど

組織運営のあり方そのものにまだまだ問題がありそうだ




ただ、株主も株主で、先に出た質問と同様の質問を繰り返し始め

南谷会長が垣内社長へ耳打ちをした



その10分後、まだまだ多くの株主が挙手を続ける中、いきなり

「そろそろ質疑も出尽くしました」

と一方的に質疑を打ち切り、強行採決へ!




お決まりではあるが、

社員株主OB株主が各議案の採決ごとに拍手による賛成の意思表示




当然のことながら

質疑できなかった一部の株主の罵詈雑言が飛び交い

演壇に詰め寄るも、そこにはあるじのいない演壇があるだけだった…

そして4時間にわたった株主総会は散会となった






採決が始まるまでは、特段各議案に反対する理由もなかったのだが

あまりにも議事進行のやり方がひどいので

私は賛成の意思表示である拍手はしなかった




はっきりいうと、まさに茶番劇だった




今回のような事故を受けての総会であるならば

もっと真摯に質疑を受ける必要があったのではなかろうか!




被害者へのお詫びの言葉は冒頭から幾度となく聞かれたものの

株主への謝罪の言葉は、株主に促されるまで聞かれないなど

一体誰に対しての総会なのかと言いたい




幾度となく発せられた 「安全」 という言葉が

空虚に思えた株主総会だったのでした…




| | コメント (2) | トラックバック (0)

一目均衡表

先日、マネックス証券と日興ビーンズ証券が主催のセミナーに出席した

株を始めてから15年ぐらいになるけど
ちゃんとした勉強は全くしていなかったので
特にバブル崩壊時には相当な

授業料

を負担してしまったのだった

そこで耳慣れない

一目均衡表

に関するセミナー開催を知り申し込んだのだった

要は

一目見て均衡(バランス)がわかる

というもの
確かに結果論として当てはまっている動きもある

「万能」 というわけにはいかないと思うけど
少し勉強してみようと思い

下げ相場でも逆行高!山中式急騰銘柄投資法

という本を買ったのでした
(まだ机の上には未読の本が50冊以上あるというのに…)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人のうわさも…

人のうわさも75日

とは、よく言ったものだ

あれだけ世間を賑わせた三菱自動車の株価がまさに

うなぎのぼり

こんなことなら買っておけばよかった…
(とは 「下手の株好き」 がよく言う言葉…) _| ̄|○

| | コメント (0) | トラックバック (0)